【日々是・好日エッセイ】副音声でお送りします

作者 仁志 水ぎわ

33

11人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

エロ作家水ぎわ氏は、とてつもなく大きな男です。
いや、そこ、誤解しない。

違うから、アレじゃないから。

うわ〜、レビューでなにしてる私。
つまり、こう書きたいんだ。

このエッセイは大きな男水ぎわ氏が、渾身の力をかけて、文章とはなんぞや、小説とはなんぞや、書くこととは何ぞやに真摯にむきあった随筆なんです。

読みやすく面白く、
(ときどきエロ・・・じゃない)

彼のプロとしての文章術を惜しみなく出し切って、心のままに綴っています。
それが面白い、勉強にもなります。

2話も読むと、もうあなたは水ぎわワールドから離れられない。

そんな呪術的要素が満載のエッセイです!!
超おすすめです。

★★★ Excellent!!!

「えろ作家」とご自身で名乗ってらっしゃる水ぎわ様ですが、書かれている作品は、「えろ」と言うよりも「つややか」。
男性も女性も、品の良い大人の色気があふれているのです!

そんな水ぎわ様のエッセイ。内容は小説のことから、オススメのカクさんの紹介から、ダイエットまで(笑)

私はエッセイで語られている「何もない、静かな部屋」は未読ですが、十分楽しんで読んでおります!(*´▽`*)

興味を持たれた方は、ぜひどうぞ~(*´▽`*)

★★★ Excellent!!!

独特なエロ美しい世界を織りなす”恋する乙女の守護神”仁志水ぎわ様のエッセイです。
作品の裏話から創作論や日常まで…!

内容が濃いです!!
「へぇぇぇ。あの耽美で濃厚な愛の物語を書く人の頭の中ってこうなってんだ!」
みたいな感じで凄く楽しいです!!!