悪逆女王

作者 @naka-motoo

1話目から読む

新規登録でもっと便利に!

ユーザー投稿作品やKADOKAWAの人気作品をもっと便利に読めます。

閲覧履歴

どこまで読んだか忘れても大丈夫。自動的に記憶してくれます。

更新情報

「フォロー」した作家・作品の更新情報がメールで届きます。

マイページ

好きな作品を管理できる、あなた専用の本棚ができます。

必要なもの

ユーザー登録(無料)に必要なのは、メールアドレスだけ! 登録は簡単です。

目次

連載中 全54話

更新

  1. 悪逆の神乱れ入る
  2. 一百三十六地獄
  3. 餓鬼道苦
  4. 命日讃歌
  5. 一度意見を間違えば
  6. 女人かわいの呼び声ぞ
  7. 畜生道を逃れ申す
  8. 摂取不捨の対象物
  9. 骨を砕きて謝す
  10. 足に備わる神足通
  11. あらおそろしやおそろしや
  12. 虚空無我の音声は
  13. 白木造りの棺のなか小首傾げて思案する姿見るこそ哀れなれ
  14. あらものすごき一人旅
  15. 明けても暮れても罪ばかり
  16. 生死の闇夜と早く知れ
  17. 空言たわ言誠なし
  18. 愚かなわたしが筆を染め造りし歌であるけれど
  19. 近づく所は墓場なり
  20. 娑婆の因縁つき次第
  21. 身は金色の骨となる
  22. 一切こ此の世は迷いなり
  23. 光り輝く安養土
  24. 電光朝露のまぼろしぞ
  25. 見るもまばゆきばかりなり
  26. 国土人民を哀みて
  27. 法性真如の自在身
  28. 人の悪きに目を掛けて自分の悪きはたなに上げ
  29. 未来が大事と知れたなら
  30. 一骨分身にして別あるにあらず
  31. この世の利益きはもなし
  32. 東西南北を入れ物にして七宝を積み置き楽しむがごとし
  33. 無量の龍神尊敬し、よるひる常に護るなり
  34. 苦悩の娑婆も今しばし
  35. 流転輪廻の罪きえて
  36. 官位ある人たりとも賤しき人を侮らず
  37. 三世の重障みなながら必ず転じて軽微なり
  38. 目には天眼の自在あり
  39. 寂光無為の大楽は心も言葉も絶えはてた
  40. 立てば帝釈前にあり座れば梵天後にあり
  41. 梵天帝釈炎魔大王諸仏の御尊もこれに過ぎざるなり
  42. 清風宝樹ふく時は五ツの音楽自然なり
  43. 親子兄弟夫婦じゃと愛と情とにからまれて
  44. 実の中の実なり
  45. かんにんすれば智慧すぐれ、かんにんする人慈悲ふかし
  46. 汽車も電車も自動車も山坂川も家倉も
  47. 四百四病の病が起こり
  48. 甚深微妙に聞ゆれば
  49. 朝顔の露より脆き身を持って
  50. 心に他人の自在通
  51. 三世をつらぬく宿命通
  52. 人間六根六識戒を持ち
  53. 唯道俗男女ともに敬愛して
  54. 上は帝を初とし下は卑賤の人々も逃れ難きは無常なり