くじら山と雪の妖精

作者 真賀田デニム

雪が積もり、時が過ぎて……。

  • ★★ Very Good!!

くじら山で少年は少女に出会い、そして約束する。

あーーーー! とても切ない! しかしそれでも素敵な冬の物語。

武蔵野での一幕。
どこかノスタルジックな幻想を思わせながらも、読み終えたらこれは現実なのだとしんみりと突き付けてくる文脈に涙がでそう。

最後の主人公の決意――――物語が再び始まる予感。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

山駆ける猫さんの他のおすすめレビュー 66