死にゆく少女の備忘録

作者

125

47人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

 カクヨム甲子園、最終選考に残ったというのをTwitterにて見ました。そこから一息に読んでしまいました。

 何気に、私が他の小説家さんの物語を最後まで読んだのは(しかもレビューまで書いたのは)今作が初めてです。

 そんな前置きはともかく、この『死にゆく少女の備忘録』の感想を綴りたいと思います。

 主人公の玲緒菜ちゃんと、『さよなら列車』の車掌さん、そして後から乗ってくる乗客たち。

 まるで関係がないようで、実は深く関わりあっています。

 これは、最後まで読んで、知ってもらうべきです。

 涼風さんのような実力のない私が言うのも失礼ですが、どうしてここまで登場人物、タイトル、すべてを関わり合わせることができるのだろう。

 世界観が崩れることもなく、たくさんの登場人物が出てくるわけでもないのに、しっかりと読み応えがあります。

 乗客、車掌さんと玲緒菜ちゃんの関わりを知った瞬間、私は呆然としました。

 見事に世界観に引きづり込まれました。

 最終選考に残るだけあります。

 稚拙で、上手く伝わるか不安ではありますが、感想を書かせていただきました。

 素晴らしい作品をありがとうございました。

★★★ Excellent!!!

とても素敵なお話でした。
自殺志願者だった少女が、列車にのって来た様々な人々との出会いを通じ、生きるとは一体何なのかを探す不思議な旅。自分まで一緒に旅をしているような感覚に包まれる文章が魅力的で、読み手の意識を物語の奥深くへと引きずり込みます。
そして彼女のたどり着いた結末に思わず鳥肌が立ちました。こんな綺麗な終わり方ができる涼風さんに並々ならぬ才能を感じざるを得ません。
圧倒的に完成度が高く、読んだ誰もを物語に没頭させる傑作だと思いました。涼風さんの描く不思議な世界、僕もそのような独特な世界観で読書を楽しませられるようになりたいですね。完結おめでとうございます!(* >ω<)

★★★ Excellent!!!

死を扱った作品というのは、えてして沈鬱、残酷な話の連続になりがちで、それを苦手とする読者も少なくないだろう。
しかしこの作品は違う。もちろん、死をライトにポップに取り扱っているわけではない。見つめるべき所は見つめ、この世の残酷さというのをよく切り出している。
しかし、その星空のように柔らかで爽やかな文体が、必要以上に物語がどぎつくなるのを防いでおり非常に読みやすい。
物語はまだまだ始まったばかりで、明らかにされてない謎も多い。今後の展開に期待である。