あしたの私

明日の私はどんなだろう

前のように起き上がれないだろうか

それとも、早起き出来るだろうか


鬱になった人間は知っている。

明日の自分が信用出来ないことを知っている。


私は知っている。

夜眠れない日があることを知っている。

朝身体が重くて仕方ない日を知っている。



あしたの私はどんなだろう

余裕のある女性かしら

笑顔いっぱいの人かしら


私は「明日」どころか5分後の私すら

信用出来ないことを知っている。

「今」に集中しすぎている私は、「過去」も「未来」も何も無い。

「今」を生きている私は、「過去」に思ったことを忘れてしまう。「未来」の予定も忘れてしまう。



あしたの私はどんなだろう

理想の私かな

大好きな私かな

美しい私になれてるかな



明日の私は今日の延長なんかじゃない

「明日の私」はあしたの私が決めること

「明日の私」は今日の私とは違う私


明日の私は、どんな女性だろう

誰かの成長を見守るように

私は今日も目を閉じる

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る