月葬の夜に、悪魔は愛をささやく

作者 月音

真実の愛は禁断の楔を断つ

  • ★★★ Excellent!!!

読了しました。
聖女ルシェラと悪魔のレヴィリウスの時を越えた純愛ファンタジー。大人な恋慕に塗られた艶やかな情愛描写に何度も抱き止められました。
禁断ゆえの障害も沢山あり、二人の間には幾星霜の秘密がこもっています。「ここでそんな真実が明かされるのか!」と感嘆の嵐でした。
聖女と悪魔という相反する関係性が織り成す純愛の行く末をその目で確かめてください。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

★★★ Excellent!!!

 闇の世界に繋がれた「月葬の死神」と呼ばれる銀髪の悪魔と、聖女の末裔である乙女の、甘く艶やかでちょっと切なさもある、恋愛ファンタジーです。

 雨の夜、路地裏で不気味な異形に襲われたルシェラは、逃げ… 続きを読む

白珠ゆうりさんの他のおすすめレビュー 63