贖罪の輪廻を超えて……聖女は悪魔をその腕に

聖女の生まれ変わりであるルシェラ。
ある夜、闇の街ダークベルに迷い込み、銀髪の美しい悪魔レヴィリウスに出会い……。

絶大な力を持つ悪魔レヴィリウス、しかしかつて会いした聖女の生まれ変わりであるルシェラを溺愛している……。
こんな魅力的な設定ですから、もう最初から最後まで怒涛のときめきです!

昔の聖女と現在の自分自身の間で、揺れるルシェラの心もよく分かりますし、宿敵との対決では手に汗握りました。

神官セイルがルシェラを聖なる方向性で救おうとしますが、それは二人を引き裂くことで……。

レヴィリウスへの思いに気付いたルシェラはどんな選択をするのか、それもこの物語の見所です。

完結されたので、一気読みをおススメします!

その他のおすすめレビュー

コノハナサクヤさんの他のおすすめレビュー636