令嬢クレイアの華麗かつお菓子な回想録

作者 永都佐和

スイーツが彩る吸血鬼×後宮ラブストーリー

  • ★★★ Excellent!!!

義母に虐げられていた吸血鬼(作中世界での呼称はスペリオール)の令嬢クレイアがひょんなことから後宮に入ることになり、変わり者の王子テーゼインテリウスに見初められる長編恋愛ファンタジー。
こう書くと巷によくある後宮恋愛モノのようですが、この作品は宮廷の政治闘争や軍事・国家レベルの策謀といった要素が加わることで、ひと味もふた味も違った趣に仕上がっています。
テーゼ様や女帝を始めとするぶっとんだ王族の面々、クレイアを虐待していた義母カルテミシアや前妻を偏愛してやまない父ベクルックス伯爵、苦労が耐えない軍人&女官たちなど個性豊かなキャラクターたちが物語に彩りを添えます。
とはいえハード&シリアス一辺倒かといえばそんなことは決してなく、テンポのいいギャグと軽妙な会話によってサクサクと読み進めることが出来るいい意味でのライトさも魅力のひとつ。さらに文面から香り立つようなスイーツの数々が活き活きとした筆致で描かれ、現実でもおもわずお菓子に手を伸ばしたくなるほど……。
エピローグには意外な仕掛けもあり、歴史ファンタジー好きにもおすすめの作品です。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

ささはらゆきさんの他のおすすめレビュー 70