エイルズリードの風

作者 月原雪奈

147

51人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

始まって早々命の危機に晒される主人公リツですが、とある事情で異世界の住人達に憎悪や嫌悪などを向けられてしまいます。

けれどリツは彼らを憎む事などせず、時に対話を、時には剣を交わって、少しづつですが分かりあっていく過程がとても好みでした!

風景の描写や台詞回しも美しく、戦闘シーンはもちろん日常の会話や行動などもスっと頭に入ってきます。特にプリジモというキャラクターが僕は好きになれました!

まだまだ序盤しか読めていませんが、これからの展開も楽しみです……!

★★★ Excellent!!!


最初の数話から、目がはなせなくなりました。



展開・描写・世界観が三位一体となって読者を強力に引き込みます。
文体はどちらかと言えば硬派ですが、それを感じさせない滑らかさ。自然さ。圧巻です。情景と展開に合わせた一つ一つの文に確かな情熱と工夫を感じました。

特に登場人物たちの心情が深く刷り込まれるような心理描写……主人公の情念が痛いほど伝わる。こんな物語そうそうありません。また心理描写だけでなく、戦闘描写にも著者の力を感じられます。脳内で聞こえる息遣い、臨場感、凄みがあります。そしてこれらに先の見えない物語性がとてもマッチしていて破壊力を増しています。

物語の内容については是非、その目でお確かめください。

最後に、個人的に一番お気に入りの文を引用させていただきます。

——『大粒の雨が臙脂色の軍服の肩を、そしてあちこちに横たわった遺体を強かに打ち付ける。
もう、遅いのに。』

★★★ Excellent!!!

以前から追わせていただいている作品です。

ザ・異世界転移という始まり方ですが、本作は主人公チートなどではなく、最初からハードモードでゲームが開始されます。
文体も重く、それがこの作品全体の重量感を増しています。読んでいてドキドキしっぱなしです。

私は2話目の終わり、「朝はまだ来ない」という一文で、この世界、そして主人公がこれから背負うであろう運命の過酷さが窺えたように感じます。

異世界転移、皆様もハードモードで始めてみませんか?

★★★ Excellent!!!

本作は異世界で目覚めた主人公が、闇の勢力側から救世主として崇められるところから始まります。一方、光の勢力も王の器として、外見は闇側である主人公を保護、もとい確保しようとします。
やがて主人公は光の側として、最初は恐れられながらも徐々に仲間たちとの絆を深めていく・・・と、そこまでは割りとよくある異世界転移ものなのですが、どうやらそうでもないらしく、先の見えない展開となっています。

また、本作の特徴として、非常に精密かつ丁寧な描写をされており、文字の運びや表現の幅という点においては、web小説よりも書籍に近いものを感じさせます。
ハイファンタジー作品、特にクラシックな雰囲気を好む方には特にお薦めです。

★★★ Excellent!!!

文章力が凄すぎる…
日本語ってこんなに美しかったっけ?ってなります!

主人公のリツの心情が丁寧に描かれているから読めば読むほど応援したくなるし、リツの戦闘シーンが超絶カッコいい!!


丁寧に紡がれているから、脳内でこんな感じなんだろうなってリアルに想像出来て物語の世界に没頭出来ました〜

というレビューしてる私の文章力がないから思いが伝わるかわからないけど、是非読んでみてほしいです!!

★★★ Excellent!!!

『俺は死んだ』。
衝撃的な冒頭から始まる、予測不能な異世界ファンタジー。

文章が非常に緻密で、五感に訴えかけるような臨場感があります。
ネタバレになってしまうので詳細は控えますが、特に一章最終話の心理描写が上手で、主人公の心の痛みなどが手に取るように分かりました。

普通の異世界物は物足りない。重厚なファンタジーが読みたい。
そんな方にお勧めの、本格派ファンタジーです!

是非、読んでみてください!

★★★ Excellent!!!

くるとです。

情景描写も雰囲気つくりも素晴らしくて見入ってしまいました。

独特な世界観の中に繊細な心情表現が組み込まれてすごく凝ってるなと思いました。
真似できなくて、すごく勉強になりました!

その際に使っている表現に初見だと読めない漢字が何個かあって、自分がバカなのもありますがそこにフリガナをふると、初見でも食いつきやすくなる気がします。

ここからは個人の意見なので、よろしくお願いします。

冷たく暗い雰囲気の時の表現の際に、句点を付けすぎかなと思いました。緊迫した中だと、読者の読みも早くなってその読むスピードに任せてみるのも、文章に面白みが付くのかなと思いました。

ただ、やるすぎると読む側も自分のリズムを作りすぎて、内容に入り込めなくなることがあるので注意です☆

長文失礼しました(*- -)(*_ _)ペコリ

★★★ Excellent!!!

読み始めはよくある転生ものかと思われるかもしれませんが、そんなことはありません!

どういうこと?と思われるでしょうが、いい意味で期待を裏切るスタートから始まります。すくなくとも自分は凄い惹かれる始まる方で読む手を止められませんでした。

クオリティの高いストーリーの他にも、この世界で生きるキャラクター達がとても活き活きとしており、今目の前で彼らが動き、話しているかのような錯覚を覚えるほどです。

個人的はこのまま書籍化されてもすぐに買うレベル! この凄い高いクオリティの作品、皆さまの目で確かめてください!

★★★ Excellent!!!

【王道】
その描写・表現力、キャラ設定、構成、それらをまとめて体験できる作品だと思います。


先の展開にも期待感が持てますので是非楽しみながらお読み頂きたいです。

作品の内容?それは確認されると1番良いと思います。


『孤独な死を、理解する人が必要。そうしなければ、真の救いはないわ。迷魂に触れれば、それが叶うの』

さぁこの意味を確かめに読むのを推奨する!

★★★ Excellent!!!

冒頭から、壮大な物語が始まるのだと感じさせるインパクトの強い表現が豊富に登場し、すぐに作品の世界に引き込まれました。

熟語が多く、普通は読みにくい印象を読者に与えるであろう文章が、上手に段落を分けることで全く気になりませんでした。

戦闘描写も、映像が浮かび上がるほどに細かく表現されているものの、それでいて読みづらさは感じない文量でした。

文章が技巧的で、読んでいて楽しいと同時に感動していました。参考にさせていただきたいものがこれほどにある作品は始めてでした。

ネタバレをあまりしたくなかったので、内容にあまり触れませんでしたが、世界観も重厚で練られていると感じました。

長文と上から目線、大変失礼しました。これからも応援しております。頑張ってください。

そして、皆様も是非読んでみてください。

★★★ Excellent!!!

まず初めに、第一章初めから『俺は死んだ』というパワーワードはふらっと立ち寄った読者の興味を惹きます。私も惹かれました!
ネタバレは困ると思うので内容はさておき、地の文から形成される世界観が本当に巧妙で、見ている人を圧倒してくれます。
読者を自身の作品の世界に引き込み、あたかも読者自身がその世界にいるのではと錯覚する構成に感無量でした。
作者様が魅了するこの世界に時折浸りに来ようと思います。

★★★ Excellent!!!

キャラクター達がとても魅力的で、主人公が良い味をしているなと感じます。
王道ファンタジーではありますが、作り込まれてるのか物語に入っていけます。
そして1番魅力的なのが躍動感です。小説は文字で表現するしかありませんが、まるでアニメを見ているが如く躍動感を感じる事が出来る素敵な作品ですね。
続きがとても楽しみなります。主人公が今後どのようになるのか、本当に楽しみです。