第21話

 母シープーと子シープーを荷車に乗せ、ゆっくり地上を目指すこと数時間。


『ンベェッ。ンベベベベェッ』


 暗闇にぼぉっと浮かぶ白い塊が見えた。それは同時に出口へと到着したことの証。 


「ぷはぁーっ。やっと出られたぁ」

「あうぅぅ」

『ンベッンベェェッ』

『ンベェ~』

『ンペェ』

『ベェ!? ベベベ、ンベェェェッ』


 もう何言ってるのかさっぱり分からない。

 とにかく今は母子を休ませないと。特に母シープーだ。7メートルの高さを落ちているんだ、重傷なのは間違いないだろう。


「お、良い感じに小屋があるな。ダンジョンの入口を監視する小屋だったりしたのかな」

「おおぉ」

「シア、シープーを運ぶから手伝ってくれ」

「あいっ」


 小屋は石造りで頑丈そうだ。

 子シープーを下ろし、母シープーをシーツごと小屋の中に運び入れる。


『ンベェッ。ベッ』

「お前らも入ってこい。外は雨だろう」


 本格的に降り出した雨。シープーの毛もびしょぬれで、このままだと風邪を引いてしまう。

 なのに嫌がって入ろうとしない。

 この反応は──あったあった。


「おい。魔石ランタンは空なんだぞっ。お前たちが嫌がる匂いのもとはどこにもない! いちいち気にするなっ。それともそのまま雨に打たれ、風邪を引いて子シープーに移す気か!」

『ベッ……ウゥ、ンベェェーッ』


 意を決してボスが入って来た。そうなると残りの雌シープーもついて来るしかない。

 中には暖炉があったので、もう必要のない荷車を分解して薪にする。

『錬金BOX』の中で木材から種火を作って火を点けた。


「母シープーの容態はどうだ?」

「うぅぅぅ」


 弱っていってるのか。くそっ。

 せっかく助けたのに、ここで子供を置いて死ぬのか?

 今世の俺の母のように!


 覚えてる。前世の記憶を持って転生した俺は、覚えているんだ。

 今世の母は、俺のことを愛してくれていた。俺のことを案じてくれていた。

 俺を残して死ぬ自分を恨んでいたんだ!


 救いたい。

 錬金術ならポーションが作れるだろう!

『錬金BOX』なら素材さえあれば、道具がなくても作れるんだろう!


「ボス。ポーションの材料になるような、薬草の生えている場所をしらないか?」

『ンベ。ベェー』

「よし、案内しろ」

「あうっ」

「シアは今回はここに残れ。残って母シープーの看病をするんだ。いいな?」

「……あい……」


 よし、いい子だ。


 ボスシープーと雨の中出ていくと、ボスが身を屈めて『ベ』と短く鳴いた。


「乗れってのか?」

『ベェ』


 うおぉ、シープーに乗れるのか!

 寒い冬が近いのもあって、彼らの毛は少し残してある。

 ふわもこの乗り心地はなかなか──激しかった。


 ドドドドドドッと山を駆け下り、森へと突入。

 小川を越え暫く進むと、高さ5メートルほどの岩山があった。

 ボスが岩に前足を掛けて直立する。彼の前足がギリギリ届かないぐらいの位置に、ヨモギの葉に似た植物が生えていた。


 錬金術の本で見たことがある。

 上級ポーションの材料だ!


「いいのが生えてるじゃないかっ」


 数は少ないが、摘めるだけ摘んで行こう。

 帰りに小川で水を汲んで小屋へと急いで引き返す。帰りもまたシープーの背で弾みながら、なんとか小屋へと到着した。


「ただいまっ。どんな具合だ?」

「うぅぅ」


 シアの表情は険しい。だが彼女の向こう側で横たわる母シープーのお腹は、まだしっかりと上下していた。


「すぐにポーションを作る。待ってろ」


 摘んだヨモギは箱の底の方で水に浮かんでいる。

 水が多すぎたら効果が薄まるかもと思って、コップ二杯分ぐらいしか入れてきていない。


【ヨモの薬草。水と一緒にじっくりことこと煮込むことで、上級ポーション液となる】


 さっきからそんな声が聞こえていた。

 じっくりことことか。それを意識して念じ、箱が光る。


 出来上がったのはほんのり緑色の液体だ。

 箱をもう一度閉じると【上級ポーション。怪我の治癒に最適】という声がした。






 朝日が窓から差し込み、その眩しさで目を覚ました。

 あぁ、雨は止んだのか。


 はぁぁ、それにしても……天然羊毛あったけー。


 上級ポーションを飲んだ母シープーは、あっという間に怪我が回復。

 ただ出産で失われた体力はすぐには回復しないようで、俺たちはそのまま小屋で眠りについた。


『ンペェェ~』

「おはよう子シープー。かーちゃんはどうだ?」

『ンペェェ~』

「おいやめろっ。くすぐったいだろう」


 俺の顔をペロペロ舐めまくる子シープー。なんか味でもするのか?


「んぁぁ。はおー、ウーク」

「おはようシア。母シープーを見てくれないか?」

「ん」


 母シープーの様子をシアに見て貰うと、彼女は元気になっていた。

 ただお腹が空いたとのこと。


「じゃあ人参を持って来てやるか」

「おーっ!」


  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る