MARVELOUS ACCIDENT

作者 荻野 亜莉紗

62

24人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

 普通のようで、普通ではない世界の話。現実と空想がごっちゃになったような。

 強烈に惹きつけられる作品なのに、一体何に惹きつけられているのかわからないところがすごい。ダークな魅力の詰まった宝石箱。

 奇想天外で、抑圧された心を解放してくれるようなところもある。主人公飛華流の不安定な心が、この作品の危なっかしい匂いを引き出しているかもしれない。

 飛華流を含め辛い過去により暗い感情を持つ者も多いが、不思議な少女のワンダだけは唯一純粋な明るい光を持っていそうだ。とても健気で魅力的。

 謎が謎を呼び、物語の謎は深まるばかり。結末を急ぐより、世界観そのものを存分に味わいたい作品。今後の展開も楽しみです。

★★★ Excellent!!!

主人公飛華流くんが見た世界の話である。それは、「ありえない」と思いつつも現実に存在しているもの。謎の少女が、その「ありえない」を独特な雰囲気を使って表現してくれます。

元々、いじめられっ子だった飛華流くん。魔法によって、その現実がどんどん変わっていきます。それが、良いのか悪いのか。まだまだ物語が始まったばかりなので、その辺りはちょっとわかりかねます。

しかし、この世界観は、まさにダークファンタジーのお手本。ファンタジー要素とダークな部分が絶妙に合わさり、読んでいる人を引きつけてくれます。
謎の少女の可愛さにも注目してください!

★★ Very Good!!

違和感を感じる頃にはソレに慣れている。
森に魔女がいる、なんてのは子供の頃に流行った噂程度のものでトンチキファンタジーでもない限りそんな事は「あり得ない」で一蹴されるのが普通。
だけど読み進めるうちに「あり得ない」と一蹴出来ず、何処かに居てもおかしくないと思えるようになった。

世界観も分かりやすく設定も頭に入りやすい。
今後どのような展開になるかが非常に気になるダークファンタジーです。

★★★ Excellent!!!

人々が姿を消す怪事件の起こる一宝町にすむ少年、飛華 流。
いじめられっ子の彼が魔法である望みを願うことで彼の身の回りの異変が加速して行く展開にハラハラさせられます。

町の近くに魔女や家を持たないヤンキー達が住む森があるなど、どこか現実ぽくもあり、非現実的な世界観。


序盤で彼の部屋のクローゼットから謎の少女が現れるんですが、まだまだ謎の人物。この子、流達の言葉が話せないんですが、絵本を読んで言葉を教えたりしてるうちに片言で喋り始めます。
一人称が「俺」微妙に間違った使い方の言葉使いが妙に可愛らしい。

まだまだ物語の真相や展開は未知数……「はてな」です。

独特な雰囲気の世界感や登場人物が癖になるこの作品、是非とも読んでみて下さい。

★★ Very Good!!

町の雰囲気がとてもジメジメしており、暗くどこか闇を抱えてそうな町から物語が始まります。

この変わった町で主人公は家に帰るとある少女に出会います。

そこから物語が進んでいきます。
生粋のダークファンタジー好きにはもってこいの作品です。

また感情移入がしやすく話が頭に入ってくるのでおすすめの作品です