ぼっちなボクが保健室でサボっていたら、同じくサボっていた女の子から告白された件

作者 笹塔五郎

5

2人が評価しました

★で称える

レビューを書く

書かれたレビューはまだありません

この小説の魅力を、あなたの言葉で伝えてみませんか?