妖精女王の騎士 ヴィー ≪Knight of the Fairy Queen、Vee ≫

作者 大国 鹿児

117

44人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

異世界ファンタジーらしい側面と異世界ファンタジーらしからぬ側面の両方があります。

異世界ファンタジーならではの妖精など他種族の存在。これは読んで欲しいですけど……。非常に面白い(迷惑)性格の女王がいます(笑)

異世界ファンタジーらしくないというよりは魔法という概念がないです。まぁ、不思議な能力は出てきますので、それを魔法と考えるのもアリなのですが……。テンプレではないという意味では斬新だと思います。

主人公と周囲にいるキャラクターがとても好感が持てます。王道的な部分もあるので王道が好きな私にとっては良かったです。

ただ、小説のテンプレな書き方をしていないです。三点リーダーの方法、!や?での空白、数字の統一つまり算用数字と漢数字が同時に出ます。そういったところを重視する方は読みづらいと思います。

ですが、物語重視で読める方であればとてもお勧めできます。
一話一話もコンパクトで読みやすいというのもお勧めできるポイントの一つです。

ご興味あれば是非とも読んでみて下さい。

★★★ Excellent!!!

当初は転生物とは分からない展開で、多少取っつき難く感じるかもしれません。
文章も昨今流行りの1人称視点では無く、3人称視点で書かれています。
主人公の武器も剣や槍では無く弓と鉈という、ただの猟師さんの様です。
ですが、実はこの弓での戦い方が凄いです。
魔法はほとんど出てきません。なぜならこの世界には魔法が無いから。
しかし、それに類する超常の力は少しだけ出てきます。
主人公は最強と当初より周囲の人が口にしますが、特に俺TUEEをする事は
ありません。
真面目な主人公で、前世からの色んな思いを抱えています。
思考は年齢よりもずっと大人な部分がありますが、年齢相応の行動もします。
その辺のギャップも、特に違和感なく読めると思います。
ただ内容自体が重い話となっていますので、軽い内容でサクッと読みたい方には
あまりお勧めできないかもしれません。
もちろん軽い話の時もありますし、おとぼけな妖精の呟きなどもありますので
クスッと笑える部分もあります。
長編なので、こつこつ読み続けなければ、この作品の面白さは分からないかも
しれませんが、読んでいただきたい作品だと思います。

★★★ Excellent!!!

まず初めに、じっくりと読み進めなければこの話しの良さは分かりません。読み進めると、見えてくる物が沢山あります。このような緻密なストーリーでは、描写に大変な労力が必要とみられ文字数が多めですが、小説好きな人はそれでこそ、映像を思い浮かべる事が出来るのではないでしょうか。最近の意味不明でご都合主義的な設定の、安っぽい小説ではありません。ファミコンとプレステぐらいの差があります。昨今のよく見る内容の異世界物に飽きた方には、おすすめです。ぜひゆっくり読んでいただきたい作品です。近況ノートでも、筆者の本気度がわかると思います。特に45話から、一気に物語が進み楽しくなります。
タイトルが後半意味がなくなる陳腐な、軽すぎるライトノベルばかりで嘆いている人に、絶対的におすすめします。