妖精女王の騎士 ヴィー ≪Knight of the Fairy Queen、Vee ≫

作者 大国 鹿児

異世界ながらの異種族との交流、戦闘も、ギャグも、感動もある良作です!

  • ★★★ Excellent!!!

異世界ファンタジーらしい側面と異世界ファンタジーらしからぬ側面の両方があります。

異世界ファンタジーならではの妖精など他種族の存在。これは読んで欲しいですけど……。非常に面白い(迷惑)性格の女王がいます(笑)

異世界ファンタジーらしくないというよりは魔法という概念がないです。まぁ、不思議な能力は出てきますので、それを魔法と考えるのもアリなのですが……。テンプレではないという意味では斬新だと思います。

主人公と周囲にいるキャラクターがとても好感が持てます。王道的な部分もあるので王道が好きな私にとっては良かったです。

ただ、小説のテンプレな書き方をしていないです。三点リーダーの方法、!や?での空白、数字の統一つまり算用数字と漢数字が同時に出ます。そういったところを重視する方は読みづらいと思います。

ですが、物語重視で読める方であればとてもお勧めできます。
一話一話もコンパクトで読みやすいというのもお勧めできるポイントの一つです。

ご興味あれば是非とも読んでみて下さい。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

BO-ZUさんの他のおすすめレビュー 36