妖精女王の騎士 ヴィー ≪Knight of the Fairy Queen、Vee ≫

作者 大国 鹿児

普通の異世界物とは少し違います

  • ★★★ Excellent!!!

当初は転生物とは分からない展開で、多少取っつき難く感じるかもしれません。
文章も昨今流行りの1人称視点では無く、3人称視点で書かれています。
主人公の武器も剣や槍では無く弓と鉈という、ただの猟師さんの様です。
ですが、実はこの弓での戦い方が凄いです。
魔法はほとんど出てきません。なぜならこの世界には魔法が無いから。
しかし、それに類する超常の力は少しだけ出てきます。
主人公は最強と当初より周囲の人が口にしますが、特に俺TUEEをする事は
ありません。
真面目な主人公で、前世からの色んな思いを抱えています。
思考は年齢よりもずっと大人な部分がありますが、年齢相応の行動もします。
その辺のギャップも、特に違和感なく読めると思います。
ただ内容自体が重い話となっていますので、軽い内容でサクッと読みたい方には
あまりお勧めできないかもしれません。
もちろん軽い話の時もありますし、おとぼけな妖精の呟きなどもありますので
クスッと笑える部分もあります。
長編なので、こつこつ読み続けなければ、この作品の面白さは分からないかも
しれませんが、読んでいただきたい作品だと思います。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

★★★ Excellent!!!

異世界ファンタジーらしい側面と異世界ファンタジーらしからぬ側面の両方があります。

異世界ファンタジーならではの妖精など他種族の存在。これは読んで欲しいですけど……。非常に面白い(迷惑)性格の女王が… 続きを読む

@takesi-iidaさんの他のおすすめレビュー 10