魔女の喫茶店

作者 たからだから

96

34人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

「レッド・ブラッドの兄妹編」まで拝読しました。
ほっこりするシーンから緊迫するシーンまで、あらゆる場面が緻密に表現されていて、心を揺さぶられました。
ミアの両親についての回想は心が痛みましたが、確固たる意志を持って前向きに未来へ向かうミアを応援したくなりました!
余談ですが、ルビのセンスも好きです!
これからも続きを楽しみにしています。

★★ Very Good!!

お読みさせて頂きました!
・世界観がしっかりとしていて、話の端々からこんな設定があるのかな?と思わせられました!
・スカーレットとギルの関係性がなんとも言えない状態から始まってするりと2人の間柄が決まっていくのがいいと思いました!
・魔法に関してなど、分かりやすくと考えているけれど、無用に説明しないところがいいと思いました!

★★★ Excellent!!!

とりあえず読んで欲しい。

というのは乱暴なことは承知ですが、そう言いたくなるほど本作の雰囲気は読んでみないと分からない。

ものすごい奇抜な設定があるわけでも、
先の読めないストーリー展開が繰り広げられるわけでも、
超絶魅力的なキャラがいるわけでもない。

ただ、丁寧に繊細に描写してきた統一世界観で繰り広げられる、優しく、ほんの少し寂しさもあるストーリー。

是非みなさま、今作の絶妙な雰囲気に酔いしれて欲しいです!!

★★★ Excellent!!!

魔女が経営している喫茶店の温かな雰囲気から物語が始まります。

物語の緩急がとても巧みで、ほのぼのする時もあれば、切迫した場面もあり、読んでて飽きが来ることはありません!

一番推したいのは魅力的なキャラクターです。主人公と謎の弟子希望の男の絡みは、みててほっこりさせてくれます。個人的には読み進めていくと出てくるとある女の子が可愛くて大好きです!

魔女が開く喫茶店、皆さまも一緒にコーヒーを一杯飲みに行きませんか?

★★★ Excellent!!!

まずはオススメしたいのはストーリー。緩急のついたドラマチックな展開で、読者を掴んで離しません。最新更新分までとても楽しみながら読むことができました。

次にキャラクター。特に主人公のミアさんと、彼女の「自称」弟子のギルさんの美しい2人。その関係性は、少しずつ在り方を変えていきます、見逃せないポイント!
可愛らしいエミリアちゃん、真面目なルークさんなど、必ず推しができるはずです。

そして何より私が感動したのは緻密で細やかな世界設定です。全てのシーンに作者様のこだわりと愛情を感じます。展開される魔法の数々、箒に跨って空を飛ぶシーンなどは、魔法の世界に憧れた幼い頃の記憶を蘇らせ、それでいて新鮮な体験として目前に現れてくれます。

『魔女の喫茶店』に新たなお客様が来店されることを願って締めくくりとさせていただきます。

「美味しくなあれ」。
どうぞ、コーヒーを片手に。

★★★ Excellent!!!

途中まででも十分に楽しませて貰える作品。それがこの作品でしょう!

描写もさることながら、独特の世界観、キャラ、ストーリーと気になる所があり、新鮮でした。

文面の方も読みやすく、何より見てほしいのは構成部分!これだけ上手く作れているのは久しぶりに拝見させて頂きました。

魔女の喫茶店の今後が気になります。

皆様もサクサク読めるこの作品を是非一度ご覧下さいヾ(๑╹◡╹)ノ"

★★ Very Good!!

まず、各話の文章が読みやすくこの作品は誰でも受け入れてくれる上で、博識であればより楽しめる作品でした。
素晴らしい作品に出会うとその世界観に飲み込まれる……という表現をする場合がありますが今作、こちらが飲み込む側です。
読めば読むほど魔女の喫茶店を知り一話で満足できるも次の話もぺろりと読み終われる。
これは起承転結の配置が上手だからこそできるのだと思います。
さらには違和感なく付箋を貼られていらっしゃるので、読み進むにつれ読者の方々は知らぬ間に大きな゛転 ゛に気づくことでしょう。これを味わうことで゛結 ゛による満足感は素晴らしいものになると

長文になりました、これにて失礼します。

★★★ Excellent!!!

結論から言うと、面白い

主人公である女性ミアは喫茶店を​───いや、「何でも屋」という店を経営していた
物語はまず突然店に現れたギル(自分のイメージだと演じるのは エディ・レッドメイン)という男がミアに弟子入りを要求するところから始まる
色男な彼はどうやら色々あるらしく、彼女は渋々従業員として彼を受け入れる
そして物語は動き始める

ひとつひとつの丁寧な描写が美しいと言える作品
読みやすくその情景をイメージしやすい
書き手として大切なのは読者を引き込むこと、と考えている私にはこの丁寧な書き口の作品が非常に深く刺さった
正統派だが安直で手抜きではない しっかりと肉のついた隅まで読み応えのある作品である と、これから読む読者におすすめして、このレビューを閉じる

★★★ Excellent!!!

この作品は魔女の営む喫茶店に、弟子入りしたいと訪れたひとりの男の登場で物語が始まります。

物語としては敵対勢力から人々を守るために奮闘する魔女が描かれている作品なのですが、この作品の魅力を3点取り上げさせていただきます。

まず、一番目を引く魅力要素は登場人物の表情や言動を細かに表現された丁寧な描写。世界観の掘り下げなども同時に行われることから、密度の高い文章となっているので、残りの2点にも大きくプラスの要素を加えている印象でした。

2点目として取り上げるのは生き生きとした登場人物です。日常パートなども丁寧に描かれる進行なので、交流シーンなどでは人との関わり方などから主人公や周囲の人物までどんな人物なのか伝わる作風になっています。1点目で取り上げた描写のおかげてキャラクターがより引き立っています!

3点目は世界観の作り込み、会話や物語の進行にあわせて提示される世界感の説明はちょっとした、設定から大きなものまで幅広くねられているので、世界感が練られた作品が読みたい!って人にはぶっ刺さると思います...!

自分が書きたい世界感の表現を全力で取り組まれている作品に感じました。
楽しく自分が描きたいものを書くという想いが伝わってくるとても熱意ある作品だったので、自分の作風が迷子になってしまっている人に読んで欲しい作品です。

私はこの作品に✩3評価を送らせていただきます!

★★★ Excellent!!!

―――大昔イギリスと呼ばれた国、【イルビア】
人間、魔法使い、魔術師。
3つの種族は複雑な交流を持ちつつも
不安定ながら平和な時を過ごしていた。

イルビアに喫茶店を開いた魔女。その名は【ミア・リード】
魔女の淹れる珈琲は絶品らしいが実は裏で様々な事件や依頼を解決する
【何でも屋】の仕事をこなしていたのだった。

ある日、魔女の元に現れた一人の男。
微笑む色男の真意は不明だが【弟子】にしてくれと言いだした。
ひょんなことから始まった奇妙な同棲の中で
2人を巻き込む事件と陰謀。
目まぐるしく訪れる闇の脅威に立ち向かえ!

愛と青春が詰まった、これが王道! これぞ王道!
魔法のファンタジー!!

喫茶店スカーレットへの御来店、心よりお待ちしております。

《魔女は戦う。復讐と大切な人の為に…》―――



ハリーポッターを彷彿とさせる魔法の世界に
花言葉のアクセントがとても美しい魅力的な物語。
描かれる描写は、どれも丁寧で
映像を想起し易いのも特徴ですね。

一見、残酷なシーンに思えても
そっと包み込むような温かみが感じられ
著者の優しい愛情が伝わる神秘的な世界観に思えました。

多くの人に読んで欲しいお勧め作品!
是非皆さんも読んでみて下さいね!!

★★★ Excellent!!!

雰囲気が最高にいいですね。少しミステリーも加えつつのローファンタジーです。

描写も綺麗で読者からすればかなり読みやすいと思います。

まだ、序盤の方ですが続きが気になります。

独特な世界観で他に類を見ない設定。魔女の喫茶店。

是非一度、ご覧になって見てはいかがでしょうか?

★★★ Excellent!!!

何から何までキラキラとしていて、読んでいてとても楽しかったです!!
次に何が起こるのかな?というワクワクとした気持ちも、
日常のゆったりした気持ちも味わうことができて、本当に美味しい物語です!
台詞がとても洗練されていて、一人一人の個性がよく見えました。
キング、クイーン、部屋の間取りに車、この先何が出てくるのか期待が高まります!!

★★★ Excellent!!!

読ませて頂きました。

読み始めは、ほんわかとしてゆったりとした日常も描く作品なのかな、と思っていましたが、読み進めると自分の考えを改めることになりました。

ファンタジーをベースとしてミステリー要素が加わり、そこに少し近未来的な車が登場する……その独特な世界観にとても惹かれました。

三人称一元視点なのに、視点がブレることなく書かれていて感動しました。

皆さんも是非この喫茶店に足を運んでみてはどうでしょうか?魔女と弟子の微笑ましい掛け合いを見ることができますよ。

これからも頑張ってください。応援しております!

★★★ Excellent!!!

魔法使いのミアとギル、それを取り巻く人々で語られるストーリー。

喫茶店の裏で、何でも屋を営み、様々な事件に出会います。

冒頭のレトロな雰囲気から近未来的マジックカーなど、不思議な世界観に連れていってくれること間違いなしです。

皆さんもぜひ、喫茶店に立ち寄ってはいかがですか?

★★★ Excellent!!!

とある町で喫茶店を営む少女、ミア。
表向きは喫茶店と称して営業しているが、その正体は様々な事件や依頼を解決する何でも屋だった。
そんな日常を送る中で、彼女の目の前に謎の人物が……

黒い陰謀が渦巻く世界で、彼女は光を探し出す。
何のために戦うのか、何を守りたいのか。
頼もしい仲間たちと織りなす、何でも屋魔法ファンタジー。

ミアちゃんが入れたコーヒーを私も一度飲んでみたい。皆さんもこの喫茶店に来店してみませんか。賑やかな店主が待っていますよ。

★★★ Excellent!!!

困りましたね……。
何が困るかと言うと、目指せ作家に奮起しすぎて読み専だった頃を失いかけていたのですが、がっつり引き戻されました。
なんと言っても、ミアちゃんもギルの真反対に近い性格が奇妙にマッチしてる感じが溜まりません。
よく読者の中に「」だけ読もうとする方いらっしゃると思うんですけど、地がしっかりしているこういう作品を読むと、それ凄く損しちゃうよ!って大声で叫びたくなります。
ファンタジーを主体としたミステリーな要素もあって、考察しながら読める点がとても楽しかったです。勿論、ミアちゃんやギルを中心とした会話も思わずに微笑んじゃうぐらい好きです。
素敵な作品に出逢えたことに感謝!!!

★★★ Excellent!!!

喫茶店を営みながら何でも屋をする魔法少女ミアちゃんが、自称?弟子のギルと共にさまざまな事件に担ぎ込まれるお話です。
ギルさんの、少しミステリアスながらもお調子者なところが良いですね。ミアちゃんとのやりとりが軽快でテンポが良くてふふっと笑ってしまいます。
また、読んでいるとなんだか自分がお店の中に紛れ込んでしまったかのような印象を植え付けてきます。それほど、リアルで引き込みのあるストーリーです。
ミアちゃんがしっかり主導権握って振り回されなくなるのはいつでしょうか、、、(笑)
温かく見守っていこうと思います。

★★★ Excellent!!!

魔女の少女ミアとその押しかけ弟子(自称)のギルが織り成す物語。謎が色々ありながらもそれが先の楽しみになるとても素敵な作品です。またさっくりとした読後感がありかなり読みやすい部類に入ると思います。さくさくと展開していくストーリーにとても魅了されてしまいます。ぜひ魔法が好きなら読んでみてください!!オススメですよ!!