私は一年後、キモいデブにキスされる運命にあるので、せめてそのデブをやせ型に調教してからキスされようと決意し、がんばることにした。

作者 ヒラメキカガヤ(毎日投稿)

0

0人が評価しました

★で称える

レビューを書く

書かれたレビューはまだありません

この小説の魅力を、あなたの言葉で伝えてみませんか?