映画館

 凡作、駄作と評判の映画を見に映画館へ足を運ぶ趣味がある。

 凡作、駄作と評判の映画を見に映画館へ足を運ぶ人間は一体どういった層なのかを見てみたいからだ。我ながら悪趣味である。


 噂に違わず映画は凡作、駄作の極みであった。主人公が愛を叫び終わった。

 後日、テレビで流れる映画の宣伝に神妙な顔でスクリーンを見つめる青白い私の顔が映った。

 まさしく「凡作、駄作と評判の映画を見に映画館へ足を運ぶ人間」であった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る