もしもカクヨムが極限まで平等であったのなら

作者 ちびまるフォイ