魔術絵師香蓮の幻想素描帖

作者 伊予夏樹

幻想的な世界観を後押しする丁寧な筆致

  • ★★★ Excellent!!!

 魔術絵師という設定が斬新で面白いなあと思いつつ読み始めたところ、スクロールする手が止まらず、一気に全て読み終えました。

 東雲病、切子の街、不思議な星菓子……魔術絵師の香蓮が旅する先々で遭遇する幻想的な街並みや出来事、そのすべてが新鮮かつ素敵な発想で、1話1話どれをとってもその世界観にどっぷりと嵌まり込みます。

 独特な世界観を醸し出す後押しをしている描写力も素晴らしく、自分がまるでその街にいるような、香蓮と共に旅をしているような気分になります。

 不思議な生物や奇妙な町人、そしてときおり背筋が冷たくなるような後味と、どのお話を取ってもおすすめです。

 幻想的な現代ファンタジーが好きな方はぜひご一読ください!

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

須永 光さんの他のおすすめレビュー 50