美しき泥跳ね

作者 椎人

「救い」は結局、誰の物なのだろう――過去と葛藤しつつ歩み続ける人たちへ

  • ★★ Very Good!!

誰もが「救われたい」と願っているし、「大切な人が苦しんでいるのを救いたい」とも思っている。しかしそんな願望とは裏腹に返ってくるのは、「自分を救えるのは自分だけ」「他人を救うなんて、ただのエゴ」――そんな、刃物のように鋭利な言葉。そんな言葉を喉元に突き付けられたとき、果たしてどうするべきなのだろうか? 本作はそんな難問に対する、著者が自身に問い続けた結晶の物語であろう。

「泥跳ね」を避けることは難しいし、一度付着してしまったらなかなか落とせるものではない。でもその汚れを、「美しい」と自ら評することができたら――それはきっと幸せなこと。今でも過去と戦い続けている人、或いは過去と戦っている人の傍らにいる人が、この物語を通じて少しでも楽になれたならと、私は思う。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

律角夢双さんの他のおすすめレビュー 168