にゃんすぽ

作者 あやまるねこ

50

18人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

 作品紹介(あらすじ)には「カクヨム2020夏物語、スポーツ部門でエントリーです」と記されています。
 今年は特別な『2020年夏』となっており、その時期のスポーツを扱った小説を書くには、アイデアや発想力が要求されるのでしょうが……。
 なるほど、こういう書き方もあったのか!
 と、目から鱗でした。
 猫にとっては、鱗だけではなく魚本体が落ちてきた方が嬉しいでしょうけど。

 四話構成のきれいな起承転結。構成もよく練られた作品です(2話目で私はそう感じました)。
 色々な意味で、短編を書く際のお手本になるような作品。猫好きの方々以外にも、ぜひオススメです!

★★★ Excellent!!!

コロナで外出自粛の中、飼い主と猫の心温まるほのぼのストーリーかと思いきや(もちろんそんな側面もしっかりあるお話)、これ実際にあったらかなり流行るんじゃないだろうか!?というアイデアもあって、とても興味深かったです。
にゃんこの飼い主さんたち、夢中になりそう☆
……まあ、猫たちは気ままなのですけどね(笑)
実際ににゃんすぽがあったらな~って、読んでいて思いました♪

★★★ Excellent!!!


 外出自粛が叫ばれる中で考え出された猫のスポーツ、『にゃんすぽ』。盛り上がる人間、理解していないながら遊んで貰えることが嬉しい猫、そんな複雑?な関係の中、遂に最終競技の発表となった──。

 所謂、前日譚としての作りになっていますが、猫の魅力が描かれていてホッとする作品でした。自粛続きで疲れたら目を通すと心が安らぐのではないでしょうか?

 俺達の戦いはこれからだ……ニャ!