ありふれた異世界旅行に僕の家のチロがついてきた

作者 椿園

679

239人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

テンプレに当てはまっていない上に、独特な世界観が面白いです。

異世界転生ではありますが、思っているのと全然違いますね。

私はペットを飼いたい反面、責任により変えていない状況です。
結局、主人公の情熱をみて、責任は持てない自分がいます。

★★★ Excellent!!!

1話しか読んでないですが、レビュー書きたいと思ってしまった。
それ程のインパクトを感じました。

まだ本編にすら到達してませんが(汗)

◇◆

導入が丁寧なのに不必要な情報が一切無くシンプル!
否が応でも先のストーリーが気になる演出に脱帽です。

しかも美しい文章……SF等の話って物凄く丁寧かつ重厚繊細に書かれたモノが多いですが、そんな中でも一、二を争うほどの美しさ。

ラノベとSFって相性良くないと思ってたんですが、犬と異世界を合わせる事で緩和させるというアイディア!
いつかはSFを書きたいと思ってましたが、またハードルが上がってしまった( つω;)クスン

★★★ Excellent!!!

愛犬のチロと異世界に行った主人公。
タイトルと設定からほのぼのまったり日常ストーリーが始まるのかと思いきや!
いい意味で予想を裏切られました。
まるで、そうカムイ外伝のような展開が続きます。
どちらかというと熱いバトルではありません。
駆け引きや頭脳を使った戦いがメインです。
主人公の少年は普通の高校1年生(取得免許は一つ)だけど1つだけ能力があります。
この主人公がいい味出してます。
戦い中でもそうでなくても軽口を叩きメタ的発言を繰り返します。

現在、物語に一区切りがついたところ。
続きを期待しています。

★★★ Excellent!!!

死んでしまったペットと共に、異世界へ。

現実からファンタジーへ。何かを欠落した何処か童話のような世界でペットを送り届ける物語。

一言の意味、読んで見ればきっと伝わるはず。
ペットを失った事がある方は特に。ペットが行くあの世、それはもしかしたら、この異世界かもしれない。

是非、御一読を!

★★★ Excellent!!!

犬とは古来、人間と共に生活してきたと言うのは史実にもある通り。今までライトノベルでも様々な犬が出てきたであろう。私も犬が出てくるラノベは沢山呼んだし、他のペットと旅をするのも沢山読んだ。
しかし、この作品はそれらとは一線を画す構成と、読者を引き込む文章。そして何より『犬』と言う動物自体を無性に愛でたくなった。
私は猫派だったが、抜け忍して犬派になろうと思う。
罪を問うならば、この素晴らしい小説に問うて欲しい。

★★★ Excellent!!!

角川がまだ手を出していないんだからとっととかっさらっちゃえばいいのに。
ハヤカワなら翻訳して逆に海外で出版させられる力有るだろうし。向こうでも受ける作品でしょう。
勿体無い。

まだ途中までしか読んでませんが、堪らずこれを書いてしまいました。

コロナ渦の今、本屋が稼がなきゃ、いつ稼ぐの?

とっととこういうすごい作品を世に出せや!  って誰もが思うよね?

★★★ Excellent!!!

今は亡き祖母が飼っていた犬二匹ともがチロでした。
初代がいなくなり、二代目も蒸発して祖母までが亡くなり
私はどこにもその面影も思いもなくなったような気がしました。
今残るのは、若い時の自分と30万円の中古車とチロの写真だけです。

こういうのは涙腺が崩壊するので辛いはずですが
なぜだか読んでしまいます。
チロは一週間に一度しか行かないわたしを待てなかったのか、
祖母を探しに行ったのだろうかと今も思います。

いつか、自分があの世にいくと、そこには懐かしい顔が
揃っていることを希望する。そんな作品です。

★★★ Excellent!!!

愛犬チロが死んでしまうところに、まず衝撃!
その後、主人公といっしょに異世界に。

不思議な中にも、どこか毒を孕む独特の世界観にひきこまれます。
並の異世界とは違うテンションと展開は、まるで「裏のある童話」のよう。

死んでしまっても愛犬といっしょの主人公が、正直羨ましい!

★★★ Excellent!!!

 死んでしまった愛犬チロが異世界へ転移したら、飼い主である主役も一緒に転移。
 
 転移した先の世界では、チロは何故か生きていて……。
 
 そこから始まる異世界での波乱万丈な旅行!? いや、出会いと戦闘! かな?

 本編は完結してますが、そのまま番外編として引き続き連載中です。

 自信を持ってお勧め出来る作品です‼️

 是非、ご一読を‼️
 

 

★★ Very Good!!

ちまたあふるる異世界ものが16ビートほどの激しいリズムだとすると、この物語は2ビートほどです。読者の中には、それに肩透かしをくらった気分になるかもしれません。ただし、朴訥と刻まれるリズムだからこそクリアに映える斬新な世界設定、味わいある魅力ある展開に、魅了されることは間違いありません!現在、セカンドシーズンの頭まで読み終えた者ですが、あらたな展開に期待してます!

★★★ Excellent!!!

よくある転生モノ?
少し斜に構えた高校生男子?
いいえ、想像する何事にも当てはまらない、とても不思議な世界のお話です。

まず、全体を通して感情の概念が常軌を逸しております。
凄惨を思わせる場面ですら「え?」と思う間に淡々と語られ、夢でも見ているのかと錯覚するほど。

激情に囚われず、常に冷静とも言える主人公。
ヒロインとなる“彼女”と出会い、物語は大きく動き出します。
そんな中、古い友人とのやり取りを思い起こさせるジョークの応酬は、思いがけず読者の笑いを誘うもの。
協力し、“敵”を退ける……その方法も一風変わった展開。
不意に訪れるちょっぴりアレなシーンですら、不思議体験にございました。

読むほどに引き込まれる作品です。
淡々と語られる中でも明かされていく謎には、静かな驚きが隠せないでしょう。

★★★ Excellent!!!

あまり異世界ものは読まないのですが、異世界探索?というのかな。
異世界に渡って大活躍、じゃなしに、異世界を観光する雰囲気が新鮮です。
似たタイプだと、菊地秀行先生の魔界都市新宿を思い出しますかね。
今の我々と違った常識で動いている街、みたいな。
まあ、魔界都市の方はバトル小説でもあるんですけども。

最初はわりと優しい雰囲気で行く本作ですけど、あとから「まぁ、ルール上はそれはアリなんだが……」って事例が出てきてそこも面白かったです。
うん、動物であればペットって言えるよね。それに飼い主がいるんであれば……

★★★ Excellent!!!

 昔に読んだ童話を後になって読み返すと、それを最初に読んだ時には気がつかなかった内容やメッセージを発見したことはありませんか?

 そして誰もが知っているような有名な童話が、実は子供のために脚色されたもので、本来の内容は夢も希望もない話になっていたり、もしくはその童話の内容には続きがあって絶望や反転が待っていたという……そういう類の童話について知っている方も多いと思います。

 そしてこの物語もまた、繊細かつ節制された表現と文章、そして読みやすい構成を持っていて、まるで一つの童話を読んでいるかのような、どこか不思議な気持ちにさせてくれる話です。

 ただしその内容は、もっと過酷で、ちょっぴり大人のための童話のように感じます。
 例えるならば、『不思議の国のアリス』を大人の観点で再解釈した時に感じる残酷さ、恐さ、儚さのようなものを、同じくこの物語の中でも探せるかもしれません。

★★★ Excellent!!!

タイトルからすれば、よくある異世界転生モノのような印象を受けます。
しかし、蓋を開けてみれば、良い意味でタイトル詐欺でした。

物語は徐々に加速し、ハードになっていきます。
しかし時折差し込まれる駄洒落が一種の清涼剤になっていて、ハードな世界を和らげているように感じました。
主人公の類稀な冷静さが印象的な作品でもありました。

美しく繊細な文体も特徴で、情景が目に浮かんでくるようでした。
番外編も面白く、とても素晴らしい作品だと思います!

★★★ Excellent!!!

序盤のほのぼのした、童話的ですらある雰囲気。
でも実は……。

動物好きは必見。
いや、いきなりチロの健気さに涙が出るから、見ない方がいいかな?

そして加速していく物語。
どんどん早くなっていきます。
どんどんと。

そして明かされる秘密。


「僕」の行く末が気になって仕方がないです。

★★★ Excellent!!!

山中での散歩ではぐれ、やっと再会できたと思ったのに、愛犬のチロは物言わぬ骸となっていた。

次の瞬間世界は再び反転し、少年は異世界転生の驚きもさほどなく、チロと一緒に元いた世界に戻る道を探して歩き出す
少年から怖れや、グラマラスな彼女から恥じらいを奪った世界もしかし、それぞれのペットを死に追いやった病を消し去ってはくれず。。。

ペットを亡くした人が、自分の悲しみや後悔に整理をつけるための世界なのかな、というのは個人的な感想ですが、
短く切られた独特の味わいの表現で人物も動物もシュールかつ魅力的に描かれ、すてきな物語です。

★★★ Excellent!!!

悪心は元に戻る心はあるのか? 戦う心は欠けた反動か? チロが引っ張る、引き出す。主人公は正義を戻す。光は走り下がる。光者は後者。
テンポはミデアムで、ペットを亡くした時多くの人は悲しむだろうが、そんな愛が特筆される。
僕はペットにあまり縁がありませんが、一度だけ経験しています。
今後伸びることを予感させる展開とキャラクター配置。世界観で心が暖まる、そんな文章。

★★★ Excellent!!!

愛犬チロと共に異世界へ移行してしまう。初めに出会った移行者の先輩も優しい少女(?)と一緒に同じく移行してきた凶暴な男性を撃退する。
そこから異世界を同じ世界の移転者達から守るストーリーと言い、愛犬と共に異世界へ移転するなどの展開に他には無い新鮮さ感じました。

独特な世界感に引き付けられる様な文章と言い回し、ストーリーが進むと徐々に明らかになるペットと転移する意味、同じ世界から来てはいるけど何かが違う。

話を途中まで読んでそろそろ終盤、完結かな?と思ったら前半部分が一旦区切られただけ、ここから未知の展開……底の見えない怖さにも似た面白さを感じてしまいました。


現時点で番外編のお話が進んでいますが、これもなかなか一筋縄ではいかない展開、どう解決していくのか目が離せません。

★★ Very Good!!

愛犬のチロ君が可愛いです。

さてストーリーの方ですが、愛犬と共に異世界にやってきます。
そんな1人と1匹が異世界でさまざまな人と出会い、そして侵略してくる他の不埒な転生者たちと戦う物語です。

児童文学的な世界観は読んでいてホッとします。
この不思議とふんわりした世界観を味わうだけでも読む価値がありますね。

「何かを失っても守りたいものがある」ていうテーマがあって、主人公の行動からもそれが読み取れます。
この先もっと面白くなりそうです。これからに期待します。

★★★ Excellent!!!

 読み始めるとすぐに「タイトル」に違和感を覚え、次に「あらすじ」に違和感を覚えて、それから「登場人物」、更には「ストーリー」その物に違和感を覚えてゆく。感覚としては、ある種のミステリを読むのに似ている。
 その違和感、言い換えれば「疑問」が、優しい筆致によって情感/臨場感へと転化する。この物語はきっとこの先で疑問を解決するか、少なくとも納得させてくれるだろう、という信頼が生まれる。
 このレビューを書いている時点では第1部に当たる部分が終わった所だけど、ここからどう転がっても面白くなると期待できるお話。

★★★ Excellent!!!

 とにかく文章がすばらしいです(そして各エピソードのタイトルも!)。

 あらすじにもキャッチコピーにも「欠損」「欠落」という言葉が出てきますが、これが単に設定やストーリー上の問題ではなくて、作者の方の生理感覚に根付くものであることを、読めば読むほど深く実感していきます。

 愛犬と異世界に行く、という筋書きだけ取り出すと、何やらほのぼのした筆致を予感させるのですが、この作品はそういう地点からそっと、決定的に距離を取っています。そこがずば抜けてすばらしいですし、個人的にはネットの小説で、こういう作風のものがあること自体にびっくりしました。自分の不明を恥じます。

 出てくるペットたちの描写は最小限に抑えられている印象ですが、そのことによって彼らの生々しさ、愛玩の対象ではなく他者として在る者たちとしての、不気味な輝きに惹きつけられます。「死んで世界を渡った犬をまた殺すんだな」なんて、むしろ動物(や人間)への深い関心と愛情がなければ構築できない日本語だと思うのですが、どうでしょうか?

 本当はもっとすっきりとした、
「これはこんな作品で……」
 という内容のレビューにしようと思っていたのですが、今回はあえて自分の感慨だけをぶちまけておこうかなと思います。それほど魅力的で、危うい小説です。がんばってほしいです。

 

★★★ Excellent!!!

作品を読ませていただきました。
失礼かと存じ上げますが、感想を書かせていただきます。

良かったところ
ストーリーがしっかりしているところ。
とても読みやすく歯切れがよい。
全体的にテンポよくリズムに詰まりがなかったところ。
様変わりする展開には飽きが来ない。

個人的に感じたところ。
もっと比喩表現があった方が、想像の余地が出来て面白くなりそう。
五感をもっと使って小説の世界に読者を引き込んでいった方がよさそう。

生意気言ってすみません。
手前勝手な意見ですので、どうかご容赦ください。

★★★ Excellent!!!

作品の雰囲気や独特な世界観が面白い作品です。
よくありがちなテンプレ異世界物に飽きた方でも楽しめます!

また何より、作者様の文章構成が素晴らしく、短く言葉をまとめているためスラスラ読めます。
それでいて話の内容も入ってくる、羨ましい文章力だと思います。

追伸
私の作品にいつも応援ボタンを押してくださりありがとうございます。
これからもお互い頑張りましょう!

★★★ Excellent!!!

全体的な雰囲気に特徴があります。文体にもやや癖がありますが、物語の主軸と一致しているため、あまり悪い印象は抱きません。
異世界への転生や転移というと、何かと派手な展開がお決まりですが、この作品はそれらとはまた違い、落ち着いた安定感を持っています。しかし、それでいてどこか不安を覚える儚さもあり、そんな複雑な気持ちにさせてくれます。

Good!

 一文が短くまとめられており、読んでいて、読みやすいと感じました。設定も、ただの異世界転成ではなく、ルールなどが存在する細かな設定がなされているな、考えられてるな、という印象をウケました。

 ただ、どちらかと言えばこのジャンルはファンタジーよりはSFと言った方が物語にしっくりして、より面白く感じる読者が現れるのかなと思いました。

 物語が壮大なので、まとめるのが大変だとは思いますが、応援しています。頑張ってください。