不思議な少女

 目覚めた直後。私は猛ダッシュして階段を駆け下りた。そのまま目指すのは、先程調べた事務室。


 腕のあの数字が意味するもの──あれはきっと、パソコンのパスワードだ。

 直感で何の確証もなかったが、私は迷う事なくパソコンの電源スイッチを押した。

 静かな起動音。画面が光るまで暫くかかって、パスワード入力画面が表示された途端、私は急いで右腕に書いてあった数字を打ち込んだ。

 エンターキーを勢い任せに押すと、読み込み中を示す円盤が画面上で回り始める。


 そして漸く、


「ビンゴッ!しゃっ!」


 ログインに成功した。

 画面には黒い壁紙と、ドット絵の砂時計が表示されている。


「えっと…………なにこれ。こっからどうすればいいの?」


 ログインに成功したものの、その先どうすればいいのかが分からなかった私は、とりあえずマウスを動かし、画面のあらゆる場所をクリックした。

 けれど、どこも反応する場所がない。


「………ちょっとー?どういうことー?」


 私は焦りつつ、それでもひたすらに画面を睨んだ。画面の端では、砂時計が残り少ない砂をパラパラと落としている。


 時間がない。


 すると唐突に、画面の左上の端に文字が表示された。


 それに気がついた私は、必死にその場所に目を凝らす。

 白い小さな文字は“おt”から始まり、徐々に文章を形成していった。


 そして最終的に、

 “お疲れ様です。次は瑠璃川零花を呼んで下さい”

 というメッセージに。


「るりかわ…………れいか…………?」


 “瑠璃川零花”。


「だれ?」


 一体誰の名前なのか、私には分からなかった。

 記憶を探っても、どこにもそんな名前は思い当たらない。高校のクラスメイトにも、多分そんな名前の人間はいなかったはずだ。


 けれど誰だっていい。これで一歩前進だ。

 その大きな手がかりの予感に高揚しつつ、私はタイムリミットを迎えた。




           ◇




 いつもの場所で目覚めた私は、館内をじっと見渡してから、


「瑠璃川零花さーん?」


 その名前を呼んだ。声は静寂の中によく通った。

 けれど返事はない。

 私の声は谺にすらならず、近づいてくる足音もない。


 まぁ誰もいないはずの図書館から返事が返ってくるのも怖いけど。

 依然館内には沈黙が満ちている。


「え……………ちょっと、恥ずかしいんですけど」


 けれどめげない。

 私はその場でゆっくりと深呼吸。次は手でメガホンを作り、お腹から声を出すなんてマネをしてみようとした。

 もう一度、今度は大声で呼びかけてみよう。


 しかしその時だった。


 突然なんの前触れもなく、その気配は現れ、背後から、


「はぁぁあああああーーーーい!!!!!」

「いやぁあっ!?」


 無駄に大声を出そうとした反動で、それは特大の悲鳴に変わってしまった。慌てて振り返る。


 するとそこに人がいた。椅子の背もたれを前にして、乗馬するみたく座っている。

 今までずっとそこにいたかのように小首を傾げるその人物は、中学生と思しき女の子。

 その少女は立ち上がると、私の元へてくてくと歩み寄ってきた。私は思わず逃げるように後ずさってしまう。


 身長は私の目測で、140cm弱。真っ黒な瞳に、真っ黒な髪。黒いシュシュでツインテールを作り、黒い大きな縁の眼鏡をかけている。黒いセーラー服に黒いヘッドドレス。

 夜道では目立ちにくそうな、全身ほぼ黒で固められたコーディネートだ。そのせいで黒いスカートから覗く脚の白が際立っている。

 服は少しサイズが大きい。腕を目一杯伸ばしても、掌全体が晒される事はないだろう。

 しかし胸元だけは少し窮屈そうに見えた。


「くっ…………」


 出会い頭から劣等感覚えさせてくるその少女に、私はちょっと奥歯を噛んだ。


 私が彼女を中学生と認識したのは、彼女の着ている制服が、私の母校のものと同じだったからだ。しかし流石にリボンまで黒くはなかったから、きっと彼女の趣味でそうしたのだろう。

 その不気味な見た目と、何より溌剌とした声に怯んでしまい、私は呼吸を整えるのに精一杯だった。


 私の身体は、ジリジリと近寄ってくる彼女と一定の距離を保ちつつ、未だ無意識に後ずさりをしている。

 そんな私の顔を、むむっと怪訝そうな眼差しで覗き込んでくるその少女に、


「…………………あなた、何者なの?」


 私は無理やり呼吸を整え、単刀直入に問うた。

 それもそのはず。時間がない。


「レイカです!瑠璃川零花!」


 すると、黒セーラーの少女は両手を正面で重ね合わせ、折り目正しく元気よくペコリと丁寧にお辞儀をした。そして早々に顔を上げると、屈託のない笑みで、


「名前で呼んでくださいね。理雨さん」

「………はぁ、そう」


 その純粋な笑顔を見て、漸く私は落ち着いた。

 なので多少落ち着いた声音で、


「いや、別に名前が聞きたかったわけじゃないんだけど………。あなたは何を知ってるの?」


 しかし私の言葉に少女はムッと顔をしかめた。


「零花は零花です。それ以上でもそれ以下でもなく、紛れもなく純度百パーセントの零花です」


 そう言う零花に、ならばと私は言い直す。


「………れ……零花は、何を知ってるの?」


 すると零花は私との距離を、私の隙をついて詰めてきた。私はそれに驚いて、思わず尻餅をついてしまう。

 零花はしゃがみこんで、私と同じ目線の高さになると、私にゆっくりと手を伸ばし、頭を優しく撫でてきた。


「…………ちょっと、何…………?」


 その奇妙な状況に困惑していると、零花は次いで私を抱擁した。オーバーサイズのセーラー服が、床にへたり込んだままの私を優しく包み込む。

 私は座り込んだまま無抵抗。立ち上がって抵抗しようにも、重心が動かせないから不可能だった。


 すると零花は私の耳元で、優しい声音で、囁くように、


「零花は、全てを知っていますよ」




           ◇




「全てって?…………ありゃ」


 私の問いは誰にも届かず、ただ目の前の硝子窓に吸い込まれていった。

 時刻は二十一時ジャスト。目の前には雨夜の景色。いつも通り、時間が巻き戻っている。

 会話は途中で、強制タイムリープにぶった切られたらしい。


「はぁ……………」


 私は溜息を吐いた。

 しかし、こんな事にいちいち腹を立てていても仕方がない。

 公衆電話か。そう心の中で突っ込んで、すぐに切り替える。今日日公衆電話も懐かしい気がするなぁ。


 私は勉強机を背に、吹き抜けの方へ向かって、間髪入れずに呼びかけた。

 どこにいるか分からない零花を呼ぶため。


「零花ーー!」


 しかし変化はない。私の呼びかけは、壁に詰め込まれた蔵書に吸い込まれていった。


「あの…………聞いてるー?」


 そして五秒ほど経過。

 するとまたしても気配は突如現れた。


「はぁぁあああああーーーーーーーい!!」

「ひゃっ!?」


 動画のコマをいくつかすっ飛ばすみたいに、急に視界に出現した少女は、先程同様元気溌剌だった。

 今度は目の前の椅子に、またも乗馬するように跨っている。

 私は跳ね上がった鼓動を、深呼吸で落ち着かせつつ、さっきの会話の続きを切り出した。


「………全てって?」


 全てとは、本当に全てだろうか。私が知りたい事を、本当に全て知っているのだろうか。


「……………………はい?」


 しかし零花は、人差し指を顎に当てると思案顔になった。

 その表情は恐ろしい程に混じり気のないものだ。薄明かりに照らされた純粋無垢なその表情は、たぶん演技ではない。


 もしやこの子は、私に会った事を知らないのだろうか?

 だとすれば、この少女はタイムリープしていない事になる。


 だが、それが分かったところで私に何かが出来るわけでもなく。せいぜい会話の内容を教えてやるくらいが関の山なのだろう。


「さっき、タイムリープ前に会話して、零花は『全てを知ってる』って言ったんだよ」


 零花はそれだけで得心がいったようで、手をぽんとついた。


「あぁ、そういうことですね。………えへへ、すみません。たぶん時間の事考えずに話してました」


 そう申し訳なさげに言っている零花だったが、私がちらっと机にあるアナログ時計を確認すると、もう残りは十五秒程になっていた。

 私は急かすように言った。


「………あの、もう時間がないんだけど」

「あぁ、ホントですね」


 けれど対照的に、零花は落ち着いた様子だ。


「ちょっと、これじゃ一向に話が進まないよ…………」


 今度は少し声を張った。また会話を切られたら、零花にまた一から説明しなければならない。

 そんなの、効率が悪いにも程がある。


「ねぇ、聞いてる?」


 だが零花は依然悠々としていて、なぜか黙って、硝子越しの雨空を見上げている。

 その姿を見てやはり焦ってしまう私は、もう何でもいいから沈黙だけは避けたい。そう思い、


「ちょっと零──」

「これで大丈夫です!」


 零花は突如として、私の言葉を遮った。


「え……………………?」


 ビシッと向けられたサムズアップに、私はぽかんと口を開けたままになってしまう。

 急に黙ったと思ったら急に喋り出して、しかもそれは脈絡のない言葉だったから、私のこの反応は至極当然のものだ。


「………………何が……?」


 そう恐る恐る問う。

 それににっこりと微笑んでから、零花は机にある時計を手に取って、私に手渡してきた。


「どうぞ」

「へ?」


 私は零花の行動に頓狂な声を出してしまった。


「針を見てください」


 未だぽかんと呆けている私に、零花の指示。私は素直に従った。


「………………え、嘘…………」


 時計を見てようやく理解した。

 時計の針は二十一時〇分、五十五秒を指している。

 ──五十五秒を、指したままだった。



           ◇

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る