第2章

プロローグ2

 雨は静けさを優しく満たし始めた。

 雨粒が触れた部分は、次第に色が濃くなっていく。校舎や図書館の壁、校庭の土や砂、私と彼の髪や制服、それに青々と茂る木々や草花さえも、雨が触れればその色は不鮮明に、深く深く滲んでいく。


 雨の色の染められていく。


「お……降ってきた」


 彼は少し慌てながら鞄をガサゴソと漁り、やがて紺色の折り畳み傘を出した。


「佐藤、これ使うか?」


 たぶん、手ぶらだった私を気遣ってくれたのだと思う。話題が逸れた事に私は内心安堵した。


「俺、別に濡れても平気だから。貸すよ」

「ううん、大丈夫」


 気遣いはありがたい。

 けれど遠慮しておく。私が首を横に振ると、彼は差し出した手を下ろした。


「……………そうか」

「ありがと」

「………本当に大丈夫か?」


 断ったものの、私の髪や制服がだんだんと雨に濡れていっているのも事実だった。彼もそれに気づいている。

 だから引っ込めた手は所在無げに、少し迷うように揺れていた。


「大丈夫だって」

「でも傘持ってないんだろ?」

「まぁそうだけど。いいよ」


 この気詰まりな気の使い合いは、どちらかが完全に引くことで終わる。だから私は平気だと笑ってみせた。

 こういう場合、人の善意を素直に受け取るのも善意だったかもしれない。けれど私としても、一つしかない傘を私が使ったせいで、彼が雨に濡れるというのは釈然としないのだ。

 濡れても平気、なんて優しい事を言ってくれているけれど、それは善意でそう言ってくれているだけだ。それを考慮せず、無遠慮に厚意を受け取る事はあまり好ましくない。

 どうでもいい他人なら、別にどうでもいいのだから受け取れる厚意は受け取っておくし、友人やそれ以上の関係ならば、遠慮などせずその厚意はありがたく頂戴する。

 けれど、彼との関係は分からない。曖昧模糊としていて、どこかぎこちない。


 だから一瞬の沈黙が生まれてしまった。


 その空白は、雨音でさえ満たしてはくれないから、私は咄嗟に図書館入口の庇の下に入って、雨を凌ぐ。大丈夫だと暗に示して、彼に早く傘を差すよう促した。

 彼は少し戸惑っていたが、そんなのには御構いなしに、雨は彼のブレザーをぽつぽつと染めていく。

 そして漸く、彼は傘を差した。

 開かれた傘は限りなく黒に近い紺色。その色の片隅に描かれた暖色の水玉模様は、星が煌めく澄明な夜空を彷彿とさせた。


「じゃあ……気をつけてな」

「うん。練習がんば」


 お互い、お互いの事はよく知らない。だから知らないなりの、妥当な挨拶だった。

 雨を隔てて、控えめに手を振る。

 彼が去った後、やがて私の視界に映る全てが、その雨色に染められていた。

 それを背にして、私は図書館の扉を開く。

 きっと、これが夜の訪れだった。




           ◆

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る