初恋のための鎮魂歌

作者 森野きの子

10年を経た再会は、初めてよりも酷い代物だった

  • ★★★ Excellent!!!

福岡県警察本部組織犯罪対策課に所属する刑事、高橋茉梨は東比恵駅から歩いて15分の位置にある赤川組の事務所へ踏み入った。捜査ではない。彼女は逢いに行ったのだ。10年前、ホストに狂って家を飛び出した姉を探していた高校生の彼女が出くわし、心を奪われた上瀧諒平というヤクザに。しかし、彼は再会した彼女を欠片も憶えていなかった。

警察官とヤクザの禁じられた恋——は燃え上がらず、あっけなく終わるのですが、ここから物語は始まるのです。事件と色恋と人間模様が交錯するあれこれが!

中でも目を惹かれるのはやはり、主人公の茉梨さんですね。10年前から今現在までの心情が濃やかに描き出されていて、だからこそ彼女の恋が特別であるのだと理解“させられる”のです。シリアスなのにコメディにしか見えない有様を女のかわいらしさに昇華しているところなんてもう、たまりませんよ。本当にキャラ力が高い!

彼女の恋の行方、ぜひ追いかけて、ご確認いただきたく!


(「地方発ドラマ!」4選/文=高橋 剛)

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

カクヨム運営公式さんの他のおすすめレビュー 780