花言葉詩集

作者 花望いふ

147

51人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

花畑を舞うような、とても美しい花の詩集です。

それぞれの花の花言葉からインスパイアされた詩達だそうですが、花言葉自体は各章の最後に書かれているので、「何という花言葉だろう?」と予想しながら読む楽しみもあります。

「その花言葉から、そんなにも深い心理世界ができるなんて!」と驚くものもあります。

花の世界を、どうぞご堪能ください。

ちなみに、私はジャスミンとプルメリアが好きです^ ^

★★★ Excellent!!!

大変美しい花の詩集です。
花々の魅力と、花言葉の持つ魅惑的な意味。それぞれに華やかに、愛らしく。時に哀しく、空恐ろしく。作者様の豊かな想像力により、様々な色合いのワンカットに切り取られていきます。
作品に貫かれるのは、軽やかな爽やかさ。悲しみを湛えた花言葉もどこか清々しく描き出され、重くなり過ぎない心地良さを感じます。
暗く不穏な空気の拭えない今、美しい花々に思いを馳せる色鮮やかなひとときをくれる、素敵な詩集です。

★★★ Excellent!!!

こちらの詩集。
沢山の詩が綴られておりますが、その元にはタイトルになっている花の花言葉が元になっています。

カクヨムの仕様上、まず先にある素敵な詩を読み、最後に花言葉を知るわけですが。
後から花言葉を知る事で「ああ、こういう花言葉に対する詩なんだ!」と、詩の出来と合わせて感心させられるのが、ちょっと変わった体験で新鮮でした。

あなたの好きな花の花言葉がどのような詩で綴られているか。
そういう観点で読んでみたりするのにも良いですよ!

★★★ Excellent!!!

花と共に語られる美しい言葉の数々。
まるで目の前に花畑が広がっているような感覚に浸ることができます。

儚い表現と、それでもなお芯の強さを感じられる文章で、言の葉がふわりと風に舞い、心の中に花の香りが届きます。
今日、目の前に広がるのは、どんな色、形をしている花たちだろうか。
美しい花畑をあなたも堪能してみませんか。

★★★ Excellent!!!

まるで、その色目の襲を纏っているかのような文体。
艶やかで、けれど楚々として……

花言葉の詩集です。
思いも寄らない言葉から紡ぎ出される、短いストーリーが意外性もあり、一気に読んでしまいました。
一遍目の『薔薇』で心を鷲掴みにされたまま、ぐいぐいと。

美しく、毒々しい花園へ、貴方も足を踏み入れてみませんか――