大蒜の香り

 私がラーメンいくおで働いてる事は、少なくとも同級生には知れ亙っている。又、毎日毎日大蒜にんにくの皮を剥いてるから、時々学校で大蒜臭いといわれる。

 勿論、毎日お風呂に入ってるし、若菜さんの柑橘香入りボディーソープで体を洗い、若菜さんの歯磨き粉で歯を磨いてる。但、余り物の大蒜や麺でペペロンチーノやアッラッビアータを作って食べる晩があるから、アリシン――大蒜の臭みの主成分――が血管にまで往き亙ってるのかも知れない。

 一度「サッカー部とかの男子より増しじゃない?」と同級生女子に尋ねたことがあった。今思えば、いくら何でも口が悪いと思う。当の女子には「そうかもね~」と返されて済んだけど、後でサッカー部の男子に伝わった。

 それどころか、きぬというサッカー部員が店の方に怒鳴りに来た。曰く、「てめーんとこの大蒜臭いバイトが、俺たちサッカー部員の事を『汗臭い』って貶しやがったんですけど」。

 店員全員で詫びた後、生郎さんが絹谷にお詫びのラーメン券を差し出したけど、「あ、俺てめーらの作るようなラーメン嫌いなんで、博多ラーメンが好きなんで。」と鼻であしらわれた。

 なんだかんだで責任は私にあったので、減給された。

 一方若菜さんは生郎さんに「ラーメン券なんて、償いにならない詫び方止めてよ。」なんてたしなめてる。絹谷についても「嫌なこと言われたら学校で佐野ちゃんに直接言えばいいのに。」と不満を漏らしていた。

 私自身、政治家じゃないけど、サッカー部云々の如き失言を又繰り返しそうで、二度と言わない自信が無いというか、怖い。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る