孤独とは。

作者 泪-rui-

1話目から読む

新規登録でもっと便利に!

ユーザー投稿作品やKADOKAWAの人気作品をもっと便利に読めます。

閲覧履歴

どこまで読んだか忘れても大丈夫。自動的に記憶してくれます。

更新情報

「フォロー」した作家・作品の更新情報がメールで届きます。

マイページ

好きな作品を管理できる、あなた専用の本棚ができます。

必要なもの

ユーザー登録(無料)に必要なのは、メールアドレスだけ! 登録は簡単です。

目次

連載中 全27話

更新

  1. 第 0 回 孤独に生きることは間違っているのか
  2. 第1回 「孤独」という文字を紐解く
  3. 第2回 孤独を愛して生きている
  4. 第3回 孤独であることのメリット
  5. 第4回 孤独によって学びを得る大切さ
  6. 第5回 なぜ孤独であることは否定されるのか
  7. 第6回 孤独が向いている人、向いていない人
  8. 第7回 孤独と創作
  9. 第8回 孤独を否定したくなる気持ち
  10. 第9回 孤独とともにある仏教の世界
  11. 第10回 孤独に生きるって、寂しくならないの?
  12. 第11回 孤独好きは人間嫌いなのか
  13. 第12回 孤独好きは現実から逃げているのか
  14. 第13回 孤独好きは努力家である。
  15. 第14回 孤独でよかったこと
  16. 第15回 自分軸で生きる
  17. 第16回 自己中心的になった理由
  18. 第17回 子どもの頃から大人びた感覚を持っていた私
  19. 第18回 子どもの孤独と、大人の孤独
  20. 第19回 孤独好きは、人を馬鹿にしている?
  21. 第20回 孤独に生きていても、収入があればそれでいい
  22. 閑話
  23. 第21回 孤独好きを自覚したからこそ、ひきこもりでも稼げるように頑張った。
  24. 第22回 「孤独」と「ひきこもり」でも自分が納得していればいいのです。
  25. 第23回 徒歩1分のコンビニ行くことすら嫌だ。というか玄関に足を踏み入れたくない。
  26. 第24回 孤独好きはひきこもりでもあり、アクティブでもある。
  27. 第25回 人と関わらなくても孤独好きでもルールやマナーを守って活動していると長く安定している。