京王線

作者 國枝 藍

肌に空気を感じる。

  • ★★★ Excellent!!!

大変面白かったです。
他のかたも評されているように、描写力、表現力が群を抜いています。
冒頭から終わりまで、主人公のしっとりとした語り口が続きますが、しっとりしているだけではない、文脈の核心まで一直線に貫く鋭いなにかが含まれています。読み始めてすぐ、そのなにかに心を鷲掴みにされました。文脈と文脈を繋ぐ転換も完璧で、結末への流れなど、お話のリズム感もプロ並だと思いました。書き手としてめちゃくちゃ勉強になる作品です。
他にもいろいろとグッときたところがありますが、長くなってしまいそうなのでもうひとつだけ。
このお話に『京王線』というタイトルを持ってくるセンスに脱帽します。これだけで、作者様の物書きとしての並外れたバランス感覚がわかります。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

松野 志部彦さんの他のおすすめレビュー 26