京王線

作者 國枝 藍

なんだよこれ……(震え)

  • ★★★ Excellent!!!

最近短編を読んでいなかったなと思って手を付けてみれば、もう最初から凄いの一言が自然と出てしまいました。

とにかく描写が巧い。本当に、ひとつひとつが丁寧で、というよりは無駄のない言葉選びをしているなという印象でした。あまりに綺麗で、なんならストーリーじゃなく、次に出てくる感情をどう表現してるのかと確認していた感じで最後まで読んでしまった……(震え)

読んだ感想としては、もう一度読みたいと思うのはもちろん、何気ない日常、特に夕暮れ時にもう一度読んでみたいなと思いました。

もう少し言ってしまうと、夕方の駅のホームで、人気のない端の方で電車を待ちながら読んでみたいーってなりました。あくまで個人的な意見ですが。

……。もっと何か言うべきことはあると思うのですが、頭の中が凄いなー、こんな風に巧く書いてみたいなーという思いで埋まってもう何も言えないです……(震え)

ぜひ、一読してみてください!

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

希柳幸秉さんの他のおすすめレビュー 9