煉獄にて

作者 糸川まる

ここに希望はなく、あるのはただ美しいほどの絶望。

  • ★★★ Excellent!!!

難解です。
鳥人と呼ばれる存在、王国と呼ばれる場所のこと、一切が謎のままで、ただただ重厚かつ重苦しい雰囲気のままストーリーは進んでいきます。
それでも、作者様のセンスと謎があるからこそ読ませる筆力は確か。
そして巧みに選ばれた文章の一つ一つが美しい。
難解だからこそ、この作品は読む価値があると思います。
二回、三回と読んでいきたい気持ち、陰鬱だけれど映える美麗な描写表現は必見です。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

円月 おみさんの他のおすすめレビュー 27