曖昧な境界

作者 南雲 皋

あらすじから、エモさがつまっている

  • ★★★ Excellent!!!

あらすじで一目惚れして読みに来た作品は初めてです。
もう冒頭だけで胸が締め付けられるようです。
物悲しくも、ほんのりと温かい、ちょっと不思議なお話でした。
読み進めるたび、胸が苦しくなって動機がします。
でもそれが心地良い読後感を与えてくれます。
とても好きです。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

英 志雨(はなぶさ しゅう)さんの他のおすすめレビュー 34