異世界モノ、ちょっと斬ってみた件について

作者 夏川 俊

異世界ものの違和感がわかった。

  • ★★★ Excellent!!!

初レビューで稚拙な文で失礼します。

恐らくまだ途中なんだろうけど、今の時点でもかなり異世界ものを読む上での違和感が理解出来た。
最近、書店などにいってもラノベ(もっと言うと異世界ものだけ)のコーナーが増えているなと思うことが増えた。

そこに置いてある本のタイトルをチラッと見ると思うことが、「この本はどうやって完結するのだろうか?」と必ずと言っていいほど思うことがあった。

まさか、それこそが違和感の正体だとは思はなかったが自分の心で腑に落ちたので言ってることが正しいかは分からないが、少なくとも正論ではあるなと思った。

また、どこかの評論ではこのまま異世界ものが流行り続けると、書籍化する本のレベルが…という話もあったので今回の話でより強くそのことを感じた。

いつまでも本が読めるようにどんなジャンルも平等に発展する事、書かれる事を願いたいです。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

@hikaru00117さんの他のおすすめレビュー 61