異世界モノ、ちょっと斬ってみた件について

作者 夏川 俊

誰かが言わなきゃいけないコト

  • ★★★ Excellent!!!

現状のライトノベル、特に『異世界転生モノ』果ては業界全体に渡る問題点。
評価ポイントの欠陥、ソレにまつわる作者の思考、精神にまで至る
創作概念の欠如。
そもそも『小説を書く』というのはどういうコトなのか?
『一体何のために』『何を書きたくて』創作を行っているのか?
『本当に小説が書きたくて書いているのか?』
という鋭い指摘で【本質】を抉る、
人によっては辛辣な印象を受けるかもしれませんが、
スゴイ、スゴイと甘やかす事が必ずしも人の為になるとは言えません。
『本当にどうしてもコレが書きたい! 書かなきゃいけない!』
という意志のある方は是非御一読を。
「趣味(遊び)でやってんだ、バズればいいんだ、
その為に毎日更新だ、友達に星入れてもらおう」
という人はブラバしてください、っていうか読むな。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

沙波羅 或珂さんの他のおすすめレビュー 236