異能者の惑星【webバージョン】

作者 夢咲香織(ユメサキカオリ)

43

19人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★ Very Good!!

これはSFだと思います。
異能者、っていうとニュアンスが伝わりにくいかも。
ミュータント、って言うとしっくりくるかもしれないですね。

ようは、常人とは違う特殊能力を持ってて、そのせいで常人側に迫害を受けてしまう存在。

迫害のされ方は容赦なく、する側はえげつない手段を打ってきます。
国家が本気で迫害したら、多分こういう手で来るよな。
そんな感じ。

そういう世界で、主人公たちは人の世の在り方を考えるに至り、最後、ある決断をします。
彼らの決断が何なのか?
彼らが本当に正しいのか?

それは読んでお確かめください。

1話あたりの文章量も適切なので、読んでて疲れません。
おすすめです。

★★ Very Good!!

改めて、レビューになります。
宇宙でサバイバルという個人的には大好物の設定で楽しく読めました。
難しいそうだなと、まず名前覚えられるかなと正直思いながら読み始めましたが、様々な魅力がせめぎ合う登場人物達に、あなたは夢中になることでしょう。
あと、作者様は博識なのでしょうね。
ところどころで、様々な知識が散りばめられているので、読み込めば読み込むほどこの物語は楽しさ倍増でしょう。
次々と生まれる感情の数々にも、リアリティがありました。
他の作品も読ませてもらいますね。

★★★ Excellent!!!

TAGABOOK【公式】です。

以前はTAGA文学速報に応募していただきありがとうございました。

この作品の一言書評としては、

能力と善悪の天秤。
非日常的世界観の中で脱落する者や結ばれる恋。
追われる環境の中で、地球へのSOSは届くのだろうか。
宇宙描写のみならず、地球を飛び出してる故、かえって地球を思案してしまう不思議な作品です。
一周回って地球が恋しくなる作品だと思いました。

是非読むのを検討している方がいらしたら読むべき作品だと思います。
ぜひ読んでみてください!

★★★ Excellent!!!

なんと言っても一番は内容がしっかりしている事ですね。とても読み応えがありました。
専門的な話となると、苦手意識を持つ読者様も居るとは思いますが、逆手に取れば読者は未知の話題に触れ、それに影響されて趣味に変わることもありますから、とても素晴らしい作品だと思います。
文章も綺麗に纏まっていて読みやすかったです。