サキュバス魔女王が俺を殺しにやってきます

作者 忘却の舞姫エスプレッソ

脳内を侵すような口づけの描写

  • ★★★ Excellent!!!

華やいだ悪女として描かれる魔王と、魔王を愛しながら彼女の生き様を否定するゆがんだ勇者との不整合が、苦痛とエロスに耽溺する魔王の視点で適度に耽美な表現で描かれている。

この先に期待したいのは、”如何に魔王が崩れていくか”だ。
冒頭の魔王は揺らぎ無い悪を演じている。
物語ならばこれが崩れていくのは間違いないだろう。

平行世界を渡り歩く中、幾度となく死をもたらし、憎しみと彼女が呼ぶ感情と快楽をもたらす勇者に、最後に魔王は何を与えるのか。
如何に作者は描き上げるのか。
そこに着目し、読ませていただきたいと思う。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

たまごやさんさんの他のおすすめレビュー 44