サキュバス魔女王が俺を殺しにやってきます

作者 エスプレッソ

130

45人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

ある想いの『源』。
その正体について大変考えさせられました。

美しく無いんです。
いびつなんです。

読むのが大変遅いこの一読者ですが、
頭の中に情景が綺麗に浮かぶ、
スピーディーでハラハラする
ストーリー展開にのめり込み、
すっかり夢中になりました。


この物語の中には、なぜか
…………スッ!!!と
頭の中に溶け込む様に入れてしまいます。

詩的で端的で、美しい描写。
魅力あふれるキャラクター達。

作者様の卓越した技術力と、
表現力は素晴らしいです。

文章がとても洗練されており、
シーンのひとつひとつを想像しやすいです。

とても心に残ります。

まるで書籍化された小説を
読んでいる様な気持ちになります。

けれど描写や表現が
ただ素晴らしいだけの物語では
ありません。

ストーリー全体におけるテーマが、
しっかりと読後感から伝わって来ます。

誰もが持つ可能性がある感情を、
呼び覚ましてくれます。

一度でも自分が、
それに近い感情を持つ事があったなら。

自分が愛する誰かから、
そんな想いを受け取る幸福があったなら。

間違いなく読者は何かしらの想いが
溢れ出してしまい、
この物語から目が離せなくなります。

もっともっとたくさんの人に、
この物語を知って欲しいです。

この物語に出会えた事に、
心から感謝しております。

作者様。
素敵な物語を、
本当にありがとうございました!!

★★★ Excellent!!!

ショッキングな事件で幕を開け、一話目からグイグイ引き込まれたあなたは、この物語の虜となるべく、時間を忘れページを進めてしまうことでしょう。

細かな心理描写と情景描写で、まるでドラマや映画をみているように映像として頭の中に物語が入り込んでくる文字運びが素晴らしい。

珠玉のダークファンタジーを、あなたの本棚に加えてみませんか?

勇者が魔女王にむける執着に近い愛情は、狂気なのか? それとも純愛なのか?
その答えは、あなた自身でお確かめください。

★★★ Excellent!!!

魔王と勇者、何とも皮肉な転生を繰り返す二人。
そこには憎しみしかない。

その二人の過去にあるものは憎しみが芽生える程の事実があるだけ。

だけど……何度も転生を繰り返すうちに玲奈は気付くものがあった。
ミナトは生前と何も変わらずに玲奈を愛し続ける。

この対比と勇者ミナトの周りの人物達の対比、それから魔族の部下達の思いと行動。

読み進めると、どちらが魔族なのか分からなくなる程に感情の揺れが起こる。
私は描かれる世界に浸り切ってしまった。
見事としか言いようがない。


読んで損はない作品です!
お勧めします!

★★★ Excellent!!!

お子さまにゃ読ませられない、愛憎ドロドロのコロシアイ! 魔王コロスマン勇者と勇者コロスワ魔女王の行き着くその先は、おおっとここから先はさせないぜ、とトチ狂った愛と憎しみの道化師が三途の川へ叩き込む!! 唸れ聖剣てめーにゃ無理だ!! 愛と哀しみと復讐の先にあるものはっ!!? そいつぁー読んでからのお楽しみだぜ(笑)

★★★ Excellent!!!

読み終えた後、因果を感じずにはいられなかったです。
強い運命と引き合いが全てを解決するといいましょうか。

魔女王と勇者という要素を最大限に利用した、愛憎劇。
艶やかでしなやかな描写。読んだ際の感触、重量、飽きない理由は語り尽くせないと思います。

読んだ方の心に深く痕を残すだろうと思います。

単純な恋愛にマンネリを覚えた方、異形の愛情に燃える方にオススメしたい作品です。

強烈な愛情に目を奪われました。唯一無二の作品だと、私は思います。
大変、面白い作品でした。

★★★ Excellent!!!

人は様々な理由で人を殺す。
自分が生き残る為。利益を得る為。復讐の為。戦争だから。仕事だから。殺したいから。ただなんとなく。

彼は彼女を殺した。
彼女を護るため。彼女の全てを護るため。世界の全てから護るため。
自分の手で彼女を護るため。自分だけが彼女を護るため。
彼は彼女を殺す。
その考えが間違っているかなどとは考えない。彼女が理解してくれるかなんて考えない。
正しかろうとなかろうと、理解されようとされまいと、彼は彼女を愚直に殺す。
彼女を護るために。
彼女を愛するが故に。


彼女は彼を殺す。
彼が彼女を殺したから。そのことが憎いから。今度こそ生き残るために。
彼女は彼女の為に彼を殺す。
彼女は彼女の満足いく結果を得るその時まで、彼を殺す。
何度でも。
彼女は彼の都合で殺されたのだから。


彼は伝えていなかった。彼が彼女を殺す理由を。
彼女は知らなかった。彼が彼女を殺す理由を。


もしも彼女がその理由を知る時が来たのならそこには何が起きるのか。
彼女は彼を殺せるのか。
彼は彼女を護れるのか。



物語、登場人物、世界観。あらゆる設定が深く練りこまれ、それが丁寧に描かれているが故に、読者を物語の世界に誘う力がとても強い作品。
そこには、作者の読者への愛が感じられる。

まだこの作品にふれていない方には是非ご一読頂きたい。
作者の愛を受け取って頂きたい。

★★★ Excellent!!!

読んでいて衝撃を受けました。
憎悪、復讐、そして愛。
様々な感情によって彩られた大人向けなダークファンタジーです。
病み勇者は魔王を愛しているが、彼の愛は決して魔王とは相容れない。
魔王は勇者に復讐したいが、真っ向では殺される。
互いの感情を賭け、様々な策略を練って、何度も失敗して、何度でもやり直して。
スラスラと読めてスクロールが止まりません。

★★★ Excellent!!!

凄まじい描写力で彩られる、妖艶なサキュバス魔王の一つ一つの仕草、それは少しかしげるだけでも登場人物を、はたまた読者を魅了する。

この物語のすごい部分は、常に魔王の魅力を全開で伝えながら、その虜になった男の滑稽さや、あるいは行き着くところまで行きついてしまった男の愛憎や、その他もろもろの、ファンタジー小説には珍しい人間味が丁寧に描かれていて、恋愛小説としても楽しめるし、ループをはじめとした謎も混在していて、それらを上手くまとめ上げている作者の力量は相当なものだ。

絶対に読むべき!

★★★ Excellent!!!

一言で、すごい面白い!
まず世界設定が転生+ループ。ファンタジーの見処二重に加え、ちょっとエロい雰囲気を混ぜ、大人が読んでも興味を引かれる設定。

転生先では、勇者と魔女王という敵対した立場に身をおかなければならない二人。
しかも両想いかと思いきや、そうではない。

禍々しいほどの愛と、殺したい程の憎悪。相容れない感情が、この先二人をどの様な結末に導くのか気になります!

おすすめですね!!

★★★ Excellent!!!

華やいだ悪女として描かれる魔王と、魔王を愛しながら彼女の生き様を否定するゆがんだ勇者との不整合が、苦痛とエロスに耽溺する魔王の視点で適度に耽美な表現で描かれている。

この先に期待したいのは、”如何に魔王が崩れていくか”だ。
冒頭の魔王は揺らぎ無い悪を演じている。
物語ならばこれが崩れていくのは間違いないだろう。

平行世界を渡り歩く中、幾度となく死をもたらし、憎しみと彼女が呼ぶ感情と快楽をもたらす勇者に、最後に魔王は何を与えるのか。
如何に作者は描き上げるのか。
そこに着目し、読ませていただきたいと思う。

★★★ Excellent!!!

物語は、どこか魅惑的でダーティーな雰囲気から始まり。しかしそれは主人公が巻き込まれる事件によって突如バトル感溢れるファンタジーへ。
情景や文体がとても魅力的で大人っぽい作品だなと感じました。

感情などの描写がとても丁寧に書き出されていて、のめり込んでしまう雰囲気を常に醸し出してくれる。

最悪のスタートから始まる2人の運命がどのように交差していくのか。

魔王の妖艶な魅力に溺れて頂きたい。

★★★ Excellent!!!

描写が丁寧ですごく読みやすいです…!本当に文章力が高いので読み進めるのに全く違和感がなかったです。
主人公のサキュバス魔王もエロくて妖艶な雰囲気…凄く伝わってきます…!
物語もドンドン動いていき、前世で殺された男との因縁にこれからも目が離せません!
本当にオススメの作品です(´∀`*)

★★★ Excellent!!!

いやぁ、今や色々な転生作品がありますが、これはまた特異だなぁ、と感心しながら読ませていただきました。

愛はお金を稼ぐ手段と割り切っていた玲奈は、彼女を真剣に愛しすぎた男に殺されてしまったのだが、そのまま異世界の魔王として転生してしまう。
そんな魔王は勇者一行に襲撃を受けるのだが、まさかそこに現れた勇者はなんと、玲奈を殺した相手だった。

という何ともショッキングな出だしから入った本作ですが、異世界転生らしさもありながら、この歪な関係が生み出す独特な話の展開は、思わず唸る事間違いなし!

異世界転生部分としての問題と、二人の心の狂気と歪さがどう変化していくのか。
ある意味サスペンス的な雰囲気でも楽しめる本作。
作品の性質上ちょっとアダルトな展開もありますが、そういう点も含めて是非堪能いただきたい一作です!

★★★ Excellent!!!

これにはびっくりしました。

序文から転生までの流れがスムーズで読者に飽きる隙を与えないシナリオ運びも素晴らしい手口です。

濃密で官能的な描写に、とてもクールで情熱的なキャラクターが彩りを添えています。

作者様が手練手管で我々、筆者を楽しませてくれる作品。

この先がとても気になる作品です!