第12話 家と猫(後編)

 瑠衣がいなくなると、じじが大きく口を開けてあくびをする。


「最近、洋館の旦那について調べておるようじゃの」


 じじが眠そうな声で聞いてきた。ただの猫のように振る舞っているが、じじは妖怪だ。そのことは葉月だけが知っている。


「そうなの。じじ、旦那様について何か知らない?」

「ふうむ」


 じじは毛繕いをした。


「洋館の奥方は美人じゃのう」

「それは知ってる」


 そういうことじゃなくて、と葉月は頬を膨らませた。じじは素知らぬ顔で毛繕いを続けていた。


「旦那がいなくなってから、暫く街中が騒がしかったのは覚えておるが――、ああ、捜索は山の方でしておったな」

「山?」

「うむ、詳しいことは知らんがな。たしか山の方に人が大勢通っていたはずじゃ。わしは昔から人の家に紛れて暮らしておったから、人の動きはよう知っておる。ぞろぞろと人が連なって山の方に歩いていった」


「じゃあ、山で何かあったのかな。でも雨が酷い日だったんだよね。そんな日に山に何しに行ったんだろう」

「あの山を越えると首都に繋がる。今は列車が発達して山を越える必要もなくなったが、昔はあの山を越えねばならんかった。あの時代、山を越えること自体はさほど珍しいことでもなかったぞ」

「じゃあ、旦那様は何かの理由で山越えをしようとして、それで――」


 事故か。

 多分、当時の移動手段は馬車だろう。山も今でこそ舗装されて歩きやすくなっているが、当時はもっとでこぼことした山道だったはずだ。それに加えて、旦那様がいなくなった日は大雨だ。伏流水の川に水が流れるほどの。

 無事に山を越える方が難しかったのではないか。それでは事故の可能性が一番強い気がする。


「山か――、うん、次は山の方に行って聞き込みしてみようかな」


 山の妖怪なら、何か知っているかもしれない。


「ありがとう、じじ。何だか話が進展しそう」

「例には及ばぬ。葉月が家に来ると豪華な菓子が出る。今日は明月堂の羊羹じゃぞ。絶品じゃ。いやはや嬉しいことよ。あの羊羹が食べられるなら、これくらいの助力は安いものじゃ」

「お菓子が目的なの? 現金な猫だなー」


 葉月はじじに感謝していたのに、急にその念がしぼんでしまった。むうっとうなって、葉月はじじを乱暴に撫でた。

 ふんっ、とじじは鼻を鳴らして葉月の手から逃れる。


「明月堂の羊羹はまさに頬が落ちる銘菓じゃ。こう暑い日だと麦茶が欲しいのう。冷えた麦茶に絶品の菓子、極上じゃわい」

「じじって本当に人間くさい」

「もともと人間だからな」


 じじはぐーっと体をのばす。

 葉月はじじの言葉の意味を図りかねて、数秒沈黙してから「ん?」と首を傾げた。


「わしはもともと人間じゃぞ。ふらふらと野良猫のように旅をするのが趣味であった」


 いやはや、旅は実に楽しい、とじじは笑う。

 葉月は「え」と声を上げた。


「ちょっと待って。ちょっと待ってよ。だってじじは猫又なんでしょ。猫又って猫が化けたものだよね」

「わしは正確には猫又もどきじゃ。この世には、そういう『もどき』が大勢おる。葉月はまだまだ世を知らんのう」

 

 ふぉっふぉっふぉ、とじじは笑った。葉月は額に手をあてて唸る。だいぶ混乱している。だって今まで、じじはずっと猫なんだろうと思っていた。


「待ってよ、どういうことなの? そんなことある?」

「この世には不思議なことがたくさんあるのじゃ。生き物は死ぬと体を失う。魂はそのまま天に昇るか、この世に留まるかのどちらか。この世に留まった魂は器をもたぬ。不安定で、自由な存在じゃ。であれば、姿形が変わるのも考えられぬことではなかろう」


 じじは窓から空を見上げる。

 真っ青な空には白い雲がふわふわ形を変えながら浮いている。


「わしは昔からふらふらと旅をしておった。そんなわしを、ある人が猫のようだと言って笑った。だからかのう、死んだら猫に化けていた」


 この世とは不思議なものよ。じじはそう言うと、部屋の真ん中で丸くなった。

 軽やかな足音がする。襖をあけて、瑠衣が部屋に入ってきた。


「お待たせ――って、どうしたの葉月。すごい顔」

「瑠衣」


 頭がパンクしそうな葉月は、助けを求めるべく瑠衣に抱き着いた。

 お盆にお茶と羊羹をのせていた瑠衣は慌ててバランスをとりつつ、葉月を抱える。


「どうしたの、何かあった?」

「何もない。何もないけど、ちょっと頭が混乱してる」

「どういうことよ」

「分かんない」


 ええ、と瑠衣は困った声をあげた。

 じじはそんな葉月を見ながら、愉快そうに尻尾を揺らしていた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る