こんな本とかマンガを読んできたー。

作者 江戸川ばた散歩

99.アオイホノオ 1~23巻/島本和彦」への応援コメント

このエピソードを読む

  • 嗚呼、15巻前後で脱落しました……('A`)
    余りにも展開が遅いのと、アンタそんな売れてないじゃんっていう……('A`)
    完全に『庵野監督』の昔の話に興味が移ってしまうのですね、
    フリークなので岡田斗司夫さんもですが。
    だからワタシは荒木先生の『自叙伝』が読みたいです。
    『漫画』描いてるので絶対無理ですがね……('A`)

    作者からの返信

    ワタシは島本せんせいのマンガにはさほど興味なくて、同時代的な面白さがやっぱり大きいです。
    ビデオデッキ無かった時代!
    暗黒の部活強制の中で必死こいてアニメやマンガ好きをやるにはなかなかの努力がいった時代!
    のことをやっぱりつぶさに描いてるだけでも(笑)。
    だからまあ、読める世代と読めない世代がありますねえ。
    ただ当人も確か岡田ゼミのどっかの動画で「自伝」ではなく「みたいなもの」的な発言はしてましたな。
    岡田ゼミ話してる本人の楽しさが伝わってきて、内容も面白いからだーっと流してしまうんですわー。

    荒木先生は歳を取らないお方なんで、ジョジョのカタがついて引退しよっかなーと思った頃に描いてくださるかも。どうかしらん。
    他人に文章とかにされるのは何だし手塚せんせいみたいに誰かが描くなんて頃にはワタシ死んでそう。

    2020年9月4日 22:46 編集済