県知事バトルロイヤル

作者 ぶっしー

174

61人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

 自分は書くときも読むときも「未見性」というものを意識するのですが、この作品はまずテーマの時点で他の追随を許さない未見性を持っています。
 県知事たちが地元をモデルにした能力を持ち、交付金を巡ってバトロワする…これ以上の説明は要りませんよね。テーマが掴みやすい作品は強いです。
 しかし、やはりと言うか、キャラクターの数が多い! 47人もいますからね。そのためストーリーがパラレルに進むのですが、裏を返せば多くの読み手を惹きつけられるということです。僕、私の地元の知事はどんな人でどんな能力なんだろう?戦いの中でどうなるのだろう?と、興味をそそられます。
 これを書いた時点ではまだ登場していない知事もそれなりにいます。47人をどう動かすのか、これからの展開が楽しみです。

★★★ Excellent!!!

面白い。すごく面白い。テーマも題材も、舞台もテンポも面白い。
その上で考える。
「うちの県って、他都道府県からどういうイメージなんだ?」
はっきり言おう。うちは名物はたっぷりある。ありすぎてイメージが固まらない。世界に向けてもアレやコレと言えば、普通に日本ごと背負える。美味しい特産物もあれば、最新IT施設もある。野球チームもサッカーチームもある。海なんか三つある。豪雪地帯もあれば、山も島も大都市もあるし、勿論新幹線が止まるしむしろ作ってる。大型船も。
えっ、どうするんだろう。下手すりゃ東京や京都より難しいんじゃないか? ただ、やる気はなさそうなキャラになりそうだ。
地元の登場が楽しみで仕方ない。
こんな調子で全都道府県を調べているのだろうか? 頭の下がる思いだ。

Good!

チャンスを与えつつも過疎地を思い切って切り捨てる…。
これはドエライ作品がきたな!?と思いましたね。


期待しているというか後のほうで出てくるキャラは、
やっぱり書く分量の関係で影が薄くなる傾向にあるので、
できるだけ均等に書き分けて面白い結末にしてくれればなと思います。
工程表である程度管理されていると良いかなぁ。