私が抱えている病気についての話

作者 智愛

101

35人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

オレも障害を抱えてるが、その立場だからこそ出会えた作品なんじゃないかなと?

障害を抱えながらも真っ直ぐ生きるその姿がめっさ眩しい!

1人の障害者として彼女こそがオレにとっての素晴らしい手本であり是非とも超えたい目標であり切磋琢磨したい相手。

★★★ Excellent!!!

僕は統合失調症で幻覚幻聴あるのですが、精神科の先生にもわかりやすく説明されるのですが、カクヨムで連載していて、こういう作品に当たるのは本当にラッキーだなーと思います。ほとんどない知識を説明してくれるからです。しかもお茶を飲み、リラックスして、労力はいらないし、詳しくわかりやすく書いてあります。他の病気も気になるし読んでみたいと思う当たりの作品です。感謝。

★★★ Excellent!!!

今エッセイは今も尚、様々な病に身体を侵されている一人の女性の物語である。

 障碍という、社会におけるハンディキャップ。
 
 時には挫けそうになることもあるだろう。時には向こう側からやってくる甘い囁きに乗ってしまいそうになることもあるだろう。しかし、それでも人生の荒波へと必死に抗う等身大の人間が描く、このエッセイは夢物語なんていうものでは決してあり得ない、リアリティを帯びてその輪郭を力強くしている。全体を通して、明るい語調で語られるエッセイだが、されど時に漏れる本音。しかしながら、それら全てを内包して初めて、読者に理解を与えてくれるのだ。

 是非、今エッセイを通して世界を広く見渡してみてほしい。そこには、確かに今を生きる人間がいる。