俺にとって金星は金メダル百個分の価値がある

作者 坂本 光陽