さよなら、あの日の夏の想い。

作者 小牧亮介