優しい魔導書の紡ぎ方

作者 地辻夜行

98

36人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!



自主企画『1話で俺を引き付けてくれ!』に参加していただきありがとうございます!

とりあえず五話まで読みましたので、レビュー書きます。

規格外の魔法技術を持ちながら、魔力が少ない、魔法が使えないというという理由で不名誉を被る主人公の物語。

始まりは、ファンタジー小説ではありがちな導入ですが、だからこそ、これからなにかが始まるかもしれないと思えるものだと思います。

なので一話読んで、「なんでぇ~、よく見る奴やないかぁ~」なんて思わず、もう1話読んでみましょう!

そうすればきっとあなたもいつの間にかこの作品の虜になってますよ。

ちなみに自分はとっくに虜になって先が気になるので、どんどん追っていきたいと思います!

あ、欲を言えばもう少し描写を入れて読みごたえが欲しいかな‥‥‥。

特に、クロの小っちゃくなった姿が挿絵とかがあれば一目瞭然なんですけど、あれだけとどういう可愛らしい姿になったのかが分からなくて気になる‥‥‥。

★★★ Excellent!!!

第一章41話まで読了。

努力ではどうにもならないと思いこみ、夢を諦めていた少年のお話。新しくできた前向きな友人の言葉をうけ、一度捨てた夢を拾いあげて歩きはじめます。

タイトルのイメージ通り優しく前向きなストーリーで、主人公サイドのキャラクターは「良い奴」揃い。

しかし世の中には悪意のある人間もいて……

と、この世界やキャラクター達の性格、関係性などがよくわかる楽しい第一章(チュートリアル)でした。

世界観はお城や魔法のある王道ファンタジーの世界。土台にある魔法や魔術の設定も練られており、文章や文体もとてもきれい。一言で言えば、とても読みやすい作品です。

非常かつ優しい世界で、賢い少年はなにを見ていくのか。

自分が頑張れるなら好きなことを諦める必要はない。そんなことをあらためて教えてくれる、とても優しい物語。続きが気になります!

★★★ Excellent!!!

魔力量は底辺という非力な主人公が歩むファンタジーストーリー。
魔導書から生まれる可愛らしい霊獣を味方に、様々な事件に巻き込まれて行く。
その霊獣や出会うキャラクター達とのやり取りはとてもコミカルで心地よい。

だが非力なはずの主人公には他の人間には真似出来ない特殊な技がある。
非力なはずなのに、非凡。

このミスマッチがよりストーリーに面白みを増す。それは様々な場面で繰り広げられ、主人公を際立たせる。

また、『魔導書』に関連する様々な背景や伏線もしっかりと描かれており、話に膨らみを持たせている。

今後どのように話が展開し、少年が『夢』を叶えていくのか、とても楽しみで同時に期待の大きい作品だと思います。


★★★ Excellent!!!

魔力がほとんどない主人公が、一度あきらめた夢を再び追い求める王道ファンタジー。

霊獣や仲間との出会いをきっかけに、どんどん成長していく主人公に目が離せません。
しかし、その「成長」は昨今人気の爆発的に能力値が上がるものではありません。そこがまた、リアリティのある、そして、主人公の優しさが際立ち物語に素敵な色を乗せてくれます。そんな優しい主人公だから、集まってくる仲間も優しい人たちばかり。仲間同士のやりとりも、フフッと笑えるようなものが多いです。

地の文章のテンポの良さ、真剣な場面での緊迫した様子など、テキストにメリハリがあり1話からサラッと読めるのもこの物語の良いところ。

好きなことは諦めなくて良い。
そんな素敵なメッセージの込められた王道ファンタジーをぜひご覧ください。