優しい魔導書の紡ぎ方

地辻夜行

出会いと旅立ちの章

1話 トリストファー・ラブリース ①

 千年以上もの古い歴史を持つ、リュエル魔導王国。この国の7大都市の一つ、知識の都ガーバート。この街の名物ともいえる大図書館が、今日からボクの職場となるんだ。

 厚みのありそうな館長室の扉を、ボクをここまで案内してくれた、銀縁眼鏡をかけた女性がノックする。


「館長。今日から勤務されます、トリストファーさんがいらっしゃいました」

「ああ、来てくれたか。いいよ、入ってもらって」

 

 明るい返事が部屋から返ってくると、女性がボクに目配せをしてから扉を開けた。


「やあトリス君、よく来てくれたね」

 

 女性に続いて部屋に入ったボクに、温かな言葉がかけられる。窓際にたたずむ老紳士が、ボクをこの図書館の司書としてスカウトしてくれたレゾ館長だ。


「ほらほら突っ立ってないで、そこのソファーに腰をおろして。ああ、セニエ君、悪いんだけど、シャンティー君を呼んで来てくれる?  彼女と共同で作業してもらう子だからね」

「はい、承知しました。館長」


 陽気に頼み事をするレゾ館長に、セニエさんは微笑をもって答えると、すぐに部屋から立ち去る。 

 ボクは館長の言葉に従い、応接用のソファーに腰をおろした。館長は自ら紅茶を二人分入れ、ひとつをボクの前に置くと、ボクの向かい側のソファーに座り、紅茶の香り胸いっぱいに吸い込んでいらっしゃる。


「いやぁ、君のような優秀な若者に来てもらえて、本当に良かったよ♪」


 一瞬、嫌みかと勘ぐったが、声のトーンや表情からは、そうではないように感じた。


「ボクの学園での成績は、ご存知ですよね?」

「もちろん! 魔法魔術理論トップ。さすがだよね」


 ボクは思わずため息をつく。


「……魔法発動実技と魔術作動実技は最下位ですよ」

「学園祭の時の武闘会で優勝したじゃない」

「魔法武闘会でまともな魔法ひとつ使わないなど家の恥だって、優勝決定直後に父から勘当されましたが?」

「ラブリース候は立場上、魔法絶対主義の姿勢をとらざるをえないからね。でも魔力を使用した攻撃に限るってルールをちゃんと守ったんだから、たいしたものさ。簡単に真似できないよ、あの戦いかたは」

 

 真似できないのではなく、真似する必要がないというのが正解だろう。

 

 ゴンゴン。

 

 ボクを過大評価するレゾ館長に、どう言えば現実を見てくれるかと思案していると、扉を強く叩く音がボクの耳に届く。


「館長。シャンティー・ビウス参りました」

「ああ、シャンティー君。入って来ていいよ」

「はい、失礼しま―――――ヴェックシッ!!」


 シャンティーと名乗った、赤い髪を短く切り揃えた大柄な女性は、入って来るなり盛大なくしゃみをする。おまけに涙……あ、鼻水も追加。

 それにしても、大きいな。少なくとも、これまで僕が出会ったどの女性よりも立派な体格なのは間違いない。ボクが普通に潜った入り口を、頭をぶつけないように少し屈みながら通って来たくらいだから。


「ガンジョ〜、やっばり、ヴェックシ! ムリでずよ〜」

「あれ? おかしいな。シャンティー君、体質変わった?」

「がわっで、ヴェックシ! ないでずよ〜。 だがらくるじんでるんじゃないでずが〜、ヴェックシ!!」

「う〜ん、まあいいや」


 え、いいの⁉ シャンティーさんの顔がすごいことになってるけど……。


「トリス君、紹介するね。君の同僚になるシャンティー・ビウス君だよ。君には彼女と一緒に、地下の魔法・魔術書関連の書庫を担当してもらうからね」


 レゾ館長の言葉に、ボクはソファーから立ち上がり、彼女に向かって頭を下げる。


「トリストファーです。よろしくお願いします」

「よろヴェックシ!!」


 ……向かい合ったせいで、飛沫を正面から浴びせられた。


「ご、ごべんだざい」

「い、いえ」


 姉が学園の卒業祝いとしてプレゼントしてくれた、無駄に魔力に満ちたハンカチで顔を拭く。


「よし。挨拶がすんだところで……」


 済んだのか、今ので?


「さっそくお仕事をしてもらおうかな。テーブルの上の10冊の本を地下の書庫に運んで、呪い等のチェックと大まかな内容の確認をして目録に追加しといて。そんで適切な書架に並べること。まあ、細かいことはシャンティー君が教えてくれるから」

「ヴェックシ!!」


 レゾ館長が、笑顔でボクに初仕事を指示する。どう見ても酷い状態のシャンティー先輩のことは、気にしないことに決めたようだ。


「それじゃ、シャンティー君。あとヨロシク♪」

「わがりばじだよ!!」


 シャンティー先輩は憎らしそうにレゾ館長を睨み付けながらも、テーブルの上の10冊の書物をまとめて軽々と持ち上げる。涙や鼻水を本に垂らさない為か、若干顔を上に向けていた。


「離れでづいでぎで」


 そう言い残し、シャンティー先輩は、片手で本を支え扉を開けると、逃げるように部屋から出ていく。そのあまりの勢いに、ボクは先輩を追いかけるのも忘れ、閉じられた扉を呆然と眺めていた。


「ハッハッハ、置いてかれちゃったねぇ」


 館長の笑い声で正気を取り戻したボクに、館長は事務机から1枚の紙を手に取り、ボクに差し出す。


「それ図書館の見取り図ね。彼女、地下の特別図書調査室に向かったはずだから。地下の書庫に置く書物は、危険な物もあったりするからね。まずそこで詳しく調べて、問題なければ、目録に加えて一般解放している書架に並べるんだよ」


 ボクは軽く頷き、先程から気になっていたことを尋ねる。


「わかりました。そちらに向かいますが、あの……先輩は体調でも崩されているんですか?」

「ああ、あれ? シャンティー君ね、アレルギー体質ていう不思議体質なの。と言っても、君のお兄さんやお姉さんぐらいの魔法使いや魔術士、もしくは高純度の魔晶石ほどじゃないと反応しない高魔力アレルギーなんだけどね」


 アレルギー。うん。書物で読んだことがあるね。なんでも身体を守る防衛機能が過度に働いてしまう作用らしい。


「この部屋に強力な魔導具でも置いてるんですか?」

「いや、特別な物はなにも。彼女は、原因が君と思っていたみたいだけど」

「そんなわけないじゃないですか。館長もよくご存知でしょう」


 姉のハンカチも、さすがに高魔力とは言えない。


「まあね。考えられるとしたら、今回集まった書物の中に原因があるってところかな」

「……え⁉ それって危険じゃないですか! 本に擬態する魔物の可能性だって……」

「そうだね。ウチにもよく紛れてくる。他にも高位の悪魔なんかが化けてる時もあるし。でも―――」


 ボクはのんびりと会話を続ける館長をそのまま残し、館長室を飛び出した。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る