助けた美少女JKが可哀そうすぎて同棲を始めるしかなかった

作者 かんなづき

3,210

1,199人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

※ 重大なネタバレがあります。特に第4パラグラフ以降。

 最初から、現在と同様のタグ・警告が表示されていたという前提に立った場合、この作品は、深刻な性犯罪被害とそれからの回復等の難しい事柄を複数扱いつつ、登場人物の魅力、話としての面白さ、引き込まれる描写を兼ね備えた作品として、高く評価されます。

 しかし、「奪われた」掲載時点において、タグの趣旨・機能とそれに対する信頼を裏切る内容が、当時の読者の多数に、不測の多大な精神的苦痛を与えてしまった、という問題が生じました。

 タグは、そのタグで表示された内容から大きく逸脱した展開は記載されない、という趣旨の表示であり、読者にとって、読みたいものを探す機能のほか、絶対に読みたくないものを除外する機能を有していることから、この表示に対する信頼は保護されなくてはなりません。もちろん、作者の方は、「タグを表示しない」ことも自由です。
 対外的に表示した以上、表示内容に応じた信頼が生じ、その信頼は保護に値します。これは現代社会の法体系の根本的な基礎理論の1つでもあります。

 ラブコメとは、「主に恋愛を主題にしたコメディ(喜劇、笑い)の要素が強い明るい作風の作品」です。唯一のヒロインが、過去描写ではなく、物語のヤマ場、作中におけるリアルタイムにおいて、見ず知らずの男達に動画撮影のうえで強姦されて処女を失い、心身ともに大きく傷付く、という作品は、ラブコメには明らかに該当しません。過去にラブコメタグを付けつつ、唯一のヒロインが作中のリアルタイムの時間軸でレイプ既遂の被害にあったものは、思い当たりません。途中まで明るい作風であれば、その後どんなひどいことが起きても「ラブコメ」として表示することが許容される、などとは言えません。

 そうした意味で、「奪われた」掲載時点において、作者の方は、「ラブコメ」(正確には「ラブコメらしからぬ辛さ」… 続きを読む

★★★ Excellent!!!

さて。
実はこれ、レビュー第二弾。
何か全く無意味なレビューとかに埋もれてしまったので。


この作品は、最初売春行為をしようとしていたヒロインを助けるところから始まります。
そして、過去に幼馴染の女の子を性犯罪で無くした主人公は、ヒロインを特別な存在ではない、と否定しようとしながらも……


言葉の使い方、話の進め方。
性犯罪やいじめなど、至るところにちりばめられた社会問題。
純粋な甘いラブコメではないし、むしろ読者にとっては厳しい展開も。
そのため人を選びますが、かなりの傑作だと思います。

社会問題への強い問題提議を促していると思います。



さて。
もう片方は、この作品のコメントですね。
その話はおろか、作者まで貶す始末。
擁護派、酷評擁護派が何か争ってますね。


さて。
酷評も評価のひとつだと擁護する人たち。
一つ、お話をしましょう。


日本の社会には、公共の福祉というものがあるんですよ。
個人ではなく、社会全体としての利益を尊重すると言うものですね。
これがあるからこそ、逆に色々自由に出来るわけです。

何が言いたいかと言うと。
作品、さらに広く言えばカクヨムという公共の場での酷評って、簡単に言えば、カクヨムという場の不利益なんですよ。


何で酷評が良くないのか分かります?
作者や作品だけでなく、公共の場を個人の勝手で汚してるからですよ。


公共の福祉に反するってことは、この場では、カクヨムを汚してることにもなるんです。
カクヨムを本気で楽しんでる人たちを、ちょっとは考えてください。
酷評は正義でも意見でも何でもないから。



まあ、ネットの人間の、モラルの低さが顕著に現れてますよね。

★★★ Excellent!!!

作品の内容に関して良い悪いを語るのは自由だ。面白くないと思ったのならそれが素直な感想なのだから仕方がない。しかし今回の場合タグ付け云々で作品を批判するのは間違っている。
そもそも「読者への配慮」とは何なのだ?先の展開が予測できるネタバレタグがあることが配慮なのか?あらすじで簡単に犯人を発見できるヒントが載っているミステリー小説を私は見たことがない。映画の予告で主要人物が死ぬシーンも同じく見たことがない。ホラーだと思っていたらバトルモノだったなんてこともあるだろう。何が起こるかわからないからこそ物語は面白いのではないのか。予定調和の何が面白いのか。少なくともタグは小説の一部の要素を表し、それを検索しやすくするためのものでしかない。中盤以降で物語を大きく左右するものをタグで表すなど私からしたら邪魔でしかない。
「ラブコメ」を読みに来たんだからタグ詐欺だ、と言う意見も的外れだ。第1章なんてラブコメそのものじゃないか。この時点でタグ詐欺ではく、ラブコメタグを消す必要も無かった。その後路線変更したとしてもラブコメ要素は存在していたのだから。一部の読者が騒いだ結果タグは消され、後付けでタグ云々と意味のわからない批判まででる始末。
「読者へな配慮」などと大層なことを語っているが、結局タグだけで勝手にミスリードした一部の読者が気持ちよくなれなかっただけだ。タグに縛られる小説のあり方など創作を制限する足枷でしかない。でなければ全ての展開をタグ付けしなければならない。
web小説の可能性を縛る必要性がどこにあるのか。今回そのような幼稚な読者が多数見られたことは残念でしかない。「ハッピーエンド」のタグがついた小説を読んでろとしか言いようがないが、作者さんには気にせずに素晴らしい小説を書いてくれることを願う。

★★★ Excellent!!!

後半に進むと暗鬱にさせる展開があるので癒やされたい方は避けた方は、まえがきで書かれているのでそこを見てくれたら。
描写とか知識などに脱帽しました。
管見になりますがヒロインが追い詰めるのは酷い事態になっても見捨てない社会に訴える何かがあるのではないか?
過大解釈だろうけど、ここまで考えさせるのは充分に傑作と言っていいと思います。

★★★ Excellent!!!

ただ単にヒロインが主人公に惚れるだけのラブコメではない。人の暗い部分までかなり濃く描かれている作品です。
前半が明るかった分、後半でくる暗い展開でかなり心にきますが、それも含めて綺麗な作品だと思いました。
なんせこれは、現実に起こりうる。と言うか、起こっている話ですから。人の暗い部分や欠点を書くことで、明るさが際立つのだと思います

※上記の通り、人を選ぶ作品です。「思考は停止してただ甘い話を読みたい」という人や、暗い展開が苦手な人は読まないことを推奨します。

Good!

ここで非難してる奴ら全員セックス下手やろ
自分が気持ちよくないからって途中で文句だけ言ってんじゃねえよ
短気で独りよがりで心も懐も貧しいだろうな

批判はまともな指摘や助言を込められたものなら良し
それを消化できる者だったら成長するからな
相手の事を考えて行動できる奴は大概セックス上手い

レビューと荒れ回しか読んどらんがある意味この作者すげえよ
ここまで人気を博していたら普通は万人が好む道を選ぶだろ?
読者やオファーを逃してでも訴えたいことあるんじゃねえの
知らんけど

追記
3章を見ただけだが勇気とか決心がテーマっぽいな
フォロー外した奴らはここに出てくる通行人と一緒だな
現実で遭遇しても見て見ぬふり、不愉快、関わりたくないとかで目を背けるんだろ?
軽蔑して離れた奴らより臆病でもギリ残っている奴らのほうが強いんじゃねえの
知らんけど

★★★ Excellent!!!

一言で言えば社会の闇を取り繕うことなく書かれた作品でした。最新話まで一気見しました。おそらく読者で賛否両論出るのではないかと思います。
環境が違えば自分にも起こり得ることだと身に染みました。過去との決別、苦悩、他者との関わり合い、一つの選択で未来が全くの別物になってしまうことを痛感させれました。ここまで感情を落とし込めた作品は初めてです。

続きが気になります。作者様の文才があってこその表現です。お身体に気をつけてください。更新待ってます!

初めてレビューを書きたいと思い書かせていただきました。

Good!

これだけは作者と擁護してる人達に言いたいんだけど、このアプリは先に書いた通り確かに書くのは作者の自由。でもある程度読者のことを思って書いて欲しいわ
批判があることを分かっていて黙ってあの話を投稿した訳だしそれに対して大人は頭が硬いって言うのは完全に自業自得だし的外れ。アニメやゲーム、映画とかもPVやら予告があって面白ろそうだなって思って見たり買ったりするのに全然違ったらキレる決まってるだろ

★★★ Excellent!!!

フォローしている作家さんがレビューしたのをキッカケに読みはじめました。
レビューの内容は小説を最新話まで読んでから見ましたが(笑)
レビュー欄がとても荒れてますが、文章はしっかりしてるし、作者はヒロインの花恋に対していたずらに悲劇を浴びせているのではない気がしてます。というか、そう思いたい。

湊がマンガで伝えたいことをこの作者は小説で伝えたいのかなと思ったりもしてます。
なのでインパクトのある内容ですが木を見て森を見ないというのはどうかなと。
とても考えさせられる内容です。

第二章最後で起承転結の転になり。
正直、読んでいて辛かったです。
お昼休みに読んで、午後は花恋に対して感情移入しすぎて何も手につかないほどに。

現在最新話は第三章冒頭。
今後、花恋がどうして実家から遠くの高校に入学したのか?
生田のサイドストーリーは?
起承転結の結で幸せな結末になれるのか?
今後がとても気になります。

万人受けする内容ではありませんが、この社会にこういう一面もたしかにあるわけで。
決してNTRを嬉々として読みたいわけではありませんが、今後どういう話になるのか…

レビューの星の数は本当はまだ連載途中ですし何個かわかりませんが。
期待度を込めて3つとしました。

作者様にはどうかレビューやコメントに左右されずにご自分の納得のいく書きたい内容で物語を綴ってほしいと思います。

Good!

ここまで読んだことを後悔した作品はありません。
お砂糖甘々小説が好きで、この小説にも辿り着いたのですがなかなかにキツい展開が多くて読むのを断念しました。
あと、タグにラブコメ入れるのはやめてください。

追記
この小説の影響で、カクヨムひいては小説を読むことができなくなってしまいかけてた私ですが、よくよく考えたら先に身体売った方が悪くね?という思考にもっていくことができて、一命を取りとめました。

Good!

まずタグ詐欺というか「問題個所」に至るまで隠蔽し、該当箇所に来てからその内容に関するタグを後付けするのは非常に卑怯かと?
構想を練った段階で当然予想される事ですから、最初からあるいは早い段階で貼って欲しかったというのが正直な気持ちです。
(花恋の心の闇も早い段階で「花恋サイド」として提示されていれば理解は早かったと思います。)

そして私が出会わなければ良かった2人と評したのは、現状あえて口を悪く書けば花恋が「疫病神」の様に湊に災厄しか齎していないからです。

花恋も急に出てきた「性に関する心の闇」を抱えている様ですが、湊のそれは取り返しのつかない過去から現在まで彼の人格形成に大きく影響してる物であり、本当に心の底から愛し合える女性に巡り合える事で乗り越えられるかもしれないものでした、そして花恋を冒頭で救い同棲する事でいらぬ苦労を背負いながらもお互いにそういう関係になれる可能性は十分あったかと思います。
そうした時に花恋の短絡的な行動で、花恋も傷ついたでしょうけどそれ以上に湊は己を責め更に今まで以上に女性を愛する事を戒めるかの様に自分を苛んでいます。

更には今回彼女の不用意な言動で湊は「これまで少しでも役に立てれば」と行動していた啓蒙活動を「知識だけあっても実際には大事な人を救えない役に立たない物」と諦観してしまう事態に陥っています。

最初の時点で「円光」する花恋を止めずに、見過ごしてさえいれば「大事に思う人を2度も救えなかった」という湊の心の痛みは生まれないで別々の道を進んで湊としては幸せになれたのでは?と思ってしまいます。
(現状話の冒頭に助けた行為は全て世界の悪意によって水泡と化していますし)

更にはっきり言うならば全て終わったとしても「大事な女性を傷つけてしまった」自責の念で、仮に花恋と付き合えたとしても肉体関係に湊が持ち込める要素は薄く、また花恋が抱えてる… 続きを読む

★★★ Excellent!!!

想定されるレーティングに反して、若い世代に読んで欲しい、現実社会の問題について考えて欲しいと思わせる1作です。一部、心の弱い方には受け入れ難い表現がありますので、つらい気持ちを避けたい方はそっとページを閉じた方が良いかもしれません。読者を選ぶ作品ですが、読み応えは満点。甘々なラブコメに食傷気味な方に、是非オススメしたいと思います。

重い過去を背負う若者が織り成す恋愛ストーリー。自らの心中に、恋愛に対する大きな障壁を抱える二人に、Happy endは訪れるのか?精神に起因して人が採る行動と、それに対して善意・悪意を持って関わる周りの人々のアクションが物語を盛り上げて(時には突き落として)行き、読み進むにつれて引き込まれてしまいました。
深刻な問題を直視しつつ、登場人物の心理を丁寧に描写する作風は、まだ若い作者の力量を感じさせます。

『この作品は耐え難い』と感じた方は、作者の過去の作品も見てみて下さい。もしかすると作風に共感し、この作品に帰ってきてみたくなるかもしれません。

(レビュワーの方々に一言)
ここは「『おすすめ』レビュー」です。
新たに読者になろうか検討している方が、読むか否かを判断する手助けとなる情報を、基本的に〈好意的な立場で〉発信する場であるべきだと思います。少なくとも、作者攻撃の場ではありません。
『おすすめ』ポイントを書かないのであれば、場を荒らさないで頂きたいと思います。感情をぶつけたいならエッセイでも書けば良いでしょう。
事務局は何もアクション取らないようなので、一言付け加えさせて頂きました。ご容赦下さい。

★★★ Excellent!!!

私から見れば、この小説は素晴らしい小説だと思います。
何故なら、甘いところは甘く、苦いところもきちんと描く。そういう物語だからこそ、現代社会の良さと苦しさという、一見相反するかに見えるものを表現できるのでしょう。例をあげれば紅茶のようなもの。ただ香りが良いだけではなく、渋みがあるから愛される。それと同じではないでしょうか。
しかし、一部読者の方々からの評価は少し違うようです。胸糞という表現まで用いた方もおられました。私は胸糞というような低俗な表現は嫌いなのですが、あえて言わせていただきます。

読者の分際でそれをいうあなた方こそ胸糞だ!

確かに読者への注意喚起をおろそかにしてしまったという点については、僭越ながら大いに問題であったと言わざるを得ません。ですが、小説の世界観を作り上げるのは読者の方々ではなく作者先生ですから、どんなものを書くかを決めるのは作者先生にしかできないことです。なので、読者の分際で、しかも続きもあまり出ておらず完結もしていない現段階で勝手に酷評し、この小説の世界観までもを否定するような真似はしていいことではないと私は感じています。以上の事を踏まえた上で、読者の方々にはこの小説の良さを、見逃さないでいただきたいです。
最後になりましたが、私個人としても続きを非常に楽しみにしておりますので、先生にはこんなことには是非ともめげずに、創作に取り組んでいただきたい!
では、応援しています。

   令和二年六月二十七日   
           天野ひかり

追記

レビューを読み返していると、ある小説家さんの書かれたレビューが気になりましたのでここに記します。
その方曰く、最初の方で読むのをやめたが、なんだか騒がしいので最新話だけ読んでレビューを書いたとのこと。それだけならまだしも、花恋さんの人物描写を読んでいたら、自分からされに行ったなんて到底思えない… 続きを読む

Good!

作者の書きたい事を書くのは悪い事だとは思わない
でもタグに書いた方が良いと分かっていながら書かなかった事は好きになれない
書きたい気持ちより読ませたい気持ちを優先させた結果だと思うからだ

その種の傲慢さはあって当然だしあっても良いと思っているが
読み手が苦痛に感じる事を自分の都合の為にあえてしたという行為は
確信犯、作者はどちらかというと被害を与える加害者側に近い立場になっていると思う

この作品の内容から考えるとこの先どんな良いストーリーになったとしても
被害者側の気持ちを無視する事を優先して書かれた物だと思うと素直に楽しめない気がする

個人的にはひとこと紹介にかいたように後出しされた事が残念だ

★★ Very Good!!

タグ付けに関しては、配慮が足りてなかったと思います。ラブコメ枠として、設けるべきではなかったのは、間違いない。
ただ、文学作品としてでは、現代問題を、うまく取り入れてあり、そういった点では、面白い。

胸糞悪くなるのは、間違いない。耐性あっても、しんどい。作者は、これを書くのに、相当勇気いたでしょうね。

ラノベ的ラブコメではないことは確か。
文学として、割り切りたいと思います。(割り切れるかなぁ(´◦ω◦`)

続きが非常に気になる作品でもあるので、応援してます。

★★★ Excellent!!!

まず、他のレビューを見ても分かりますが、レイプ展開、性被害など、かなり重い描写が多々あります。
タグ付けに関しては、確かに配慮不足でもあったでしょう。
ノクターンならという人もいます。
ちなみに私はこの作品が好きですし、良いものと思っております。賛成派です。
ただ、あくまでも個人的な意見としては、この作品にはもっと深く考えさせられることがあると思います。単なる記事なんかよりもよっぽど性被害に関することの勉強にもなります。
非常に良い作品です。こんなに感情移入させられるのは久々でした。それだけの力をこの作品は持っています。
しかしながら、その分辛い展開が多いため耐えられない人も多くいるでしょう。実際私もかなり読むのに勇気が必要でしたし読み終わるとしばらく他のことに手がつかなくなります。なので、やはり批判する人の気持ちも分かります。
それでも、この作品の良さは確かに多くあります。鬱展開に耐えられるという覚悟を持っている人にはぜひ読んでいただきたいです。きっとあなたも考え方に変化があるはずです。

Good!


 私ごときがレビューするのも大変失礼な話だと思いますが、どうしても読む前に読者の皆様に伝えたいことがあったので書かせていただきます。

 まずこの作品は強姦のシーンがあります。なので私のように耐性の無い方にはお勧め出来ません。吐き気を催しました。私としてはこのシーンは今後は無しとして欲しいですが、せめて一言題名に注釈として書かれたら良いかと思います……

 ただ私自身もしがない物書きではありますが、やはり作者様の書きたいように書くのが良いとは思います。こちらは読ませて頂く立場なので。

 そしてラブコメはヒロインに理想像を押し付ける傾向があるので、それが嫌な人には向いているかもしれません。

 今後どのような展開になるのかはわかりませんが、この作品の一読者として応援はしています。頑張ってください。

★★ Very Good!!

タグ付け云々の議論がありますが、僕もタグ付けはするべきだったとは思います。
感情移入をしている読者が(僕を含めて)多くいることを考えて書き進めるべきだったんじゃないでしょうかね。
その辺は物書きとして、読み物を提供するのと同時に行う、最低限の配慮だと思います。

最終的にハッピーエンド、または作者様の伝えたいことが読者にしっかりと伝えられなければ、『あの展開なんだったの?』とさらに批判を受けることになります。

胸糞悪い展開にした理由は今後の話の展開で、明らかにされるとは思います。

何を書くかなんていうことは作者様の勝手だとは思いますが、少しでもいいから読者のことを思って書いた方がもっと良作になります。なんというか……現状の一方通行では駄目だと思います。

今後も頑張ってください。

偉そうに言ってしまいすみませんでした。

ただ……感情移入していた身としては物書きとして同じ立場の人間でも、一言は落としたかったので、レビューを再度書かせて頂きました。

追伸:読者の分際で酷評するな〜、とか言っている人が結構いますが、それのなにが悪いんですか?

作者は作品を提供し、読者は読んで反応を示す。
ギブアンドテイクの関係として当たり前なことであって、酷評も読者の役割の一つだと思うのですが。

作者を批判することは許せませんが、作品を批判することに対しては、読者のすることではないですかね?


★★★ Excellent!!!

初めてレビュー書きます。

ハッピーエンド主義者にはかなりきついです。
主役の二人は本当に幸せになって欲しい。

賛否両論あると思いますが、久しぶりに涙が出た作品なので、なんとしてもエンディングまで行ってください。

感情移入しすぎる私自身にはかなりきつい展開で、本当に顔面蒼白で震えました。
ですが、現実問題、この不条理な現代では起こりうることだと思います。作者様が注意換気をされたいのかはわかりませんが。

最後まで頑張って下さい。応援してます。

Good!

読者は読ませて頂いてる身なので批判はするべきではないのですがこの作品だけは言わせてください。なんでヒロインのレイプ展開があるのにタグ付けなどをしなかったのか意味が分かりません。私みたいに嫌いな人や気分を悪くする人もたくさんいます。「レビューを見れば分かったのでは?」と思う人もいるかもしれませんが私が読んだのは投稿数分後だったのでまだレビューが無かったので分かりませんでした。なので私みたいな思いをする人が少しでも減るようにレビューを書かせて頂きました。一章などはほんとに楽しませて頂いてたので余計に苦しくて残念でした…

Good!

正直、自分も万人に受けるような作品を書けたりしているわけではありません。ですが、そんな一物書きとかなしにして、本当は星入れるのも億劫ですが書こうかと思いました。

自分は一話でヒロインが親がいなくなったか何かで売春行為をしている時点で読まなくなった身です。ですので、道中がどうなのかは知りません。
ですが、最新話のコメントですごく批判されていて最新話だけを読んでみました。
そしたら、ヒロインが犯され妊娠?しているかもしれないという展開になっていて…しかも、相手が主人公ではないという。

創作なんて作者様の自由ですのでどうこう言う権利なんて誰にもないです。これを見て、気分を悪くさせてしまうかもしれないです。ごめんなさい。
ただ、ヒロインが処女である必要はないですが可能なら処女で初めては主人公とがいい、という思いが自分以外にもあるのではないかと思いました。

ここまで読んでこれから読もうと思っている方はヒロインは自分だけが好きなんだということやラブコメだと信じて読まない方がいいと思われます。現代ドラマとして、こういう残酷なことがこの世の中なんだと。現実に起こってることなんだと実体験の新聞を読んでる気持ちで読めば読み切れると思います。

無事読みきれた方がいるならどこかで内容を簡単に教えてほしいくらいには気にはなります。お願いします。

物書きって難しいですよね。

追伸
レイプって表現がありますが個人的には違うと思います。一話で売春の契約が結ばれているような表現が最新話でありましたのでただ目的を果たされただけかと。お金も置かれていましたし。
主人公(読者)逆ざまぁ?のお話かなと思います。
この先、ヒロインの子が飛び降りたような描写があったので生きているかは分かりません。
恐らく、人生は辛いことばかりが起こる。その中でも僅かな幸せがある、みたいなことを伝えて終わるのかなと予想して… 続きを読む

Good!

胸糞やレイプ展開がダメな人は自衛して読むことを控えて欲しいです。

今までカクヨムを利用していて、レビューなどつけたことも無かったのですが、今回あまりにも気分が悪くなったので書き込みます。
当初から辛い過去を背負った登場人物達の恋愛モノを想定して読み進めていましたが、急展開でいっきに冷めました。
私の身近にこういった性被害にあった人はいませんが、たとえフィクションでも主人公たちが救われることを願って読んでいたと思います。

作者さんが何を伝えたかったのか不明ですが、無理やり良い点をあげるなら救いばかりのご都合主義展開では無いということです。(でも救われて欲しかったよ)

最後に、今後の展開は知りませんが現時点ではレイプものなのでジャンルなど気をつけてタグ付けした方が良いと思います。

Good!

この最新話はひどい。 レイプ描写がいきなり出てくるから、大部分の人によっては、プラウザバックしたほうが良い。 
作者様はタグにレイプ有りを付け足すべき。
今までの主人公とのラブコメがすごく良かったから、その落差によって衝撃を覚えた。
ほんとになんでこんな展開したのか… 作者に聞きたい。 今までが良かっただけに残念。

Good!

唐突にヒロインが襲われる展開には驚きました。ここまでやって書きたかったものには興味はありますが私は読むことがないです。どのような結末になっても恐らく私は納得などしないでしょうから。

読者が言うことではないのでしょうがヒロインが作者様が考えている物語の犠牲となってるような印象を受けました。

最後にこういった性犯罪の表現を含むのなら事前に何かしらの注意がほしかったですね。

Good!

作者様がこういった犯罪に対してどういう思いを持っておられるのかが気になるところです。

幸いなことに私の周囲に作品内でおきたような事件の被害に遭われた方はおりません。報道等で目にする事はありますが被害者の方やその遺族の方がその後どんな事に苦しみ、何を支えに生きていくのか私には想像すらできません。

一般的な幸せとは違う2人なりの何かを見つけるのでしょうか。作者様の考え方がそこに現れると思います。評価は完結後がよろしいかと思います。

★★★ Excellent!!!

※:第一章を読み終えた時点です。

深煎りドリップ珈琲に角砂糖一個程度の味わいでしょうか。

主人公もヒロインも問題を抱えた状態で物語が展開していきます。

今私は胸が少し苦しいです。
登場人物に感情移入し過ぎると、辛くなるお話も出てきますが、私はそれを楽しみたいのです。

でもそれだけじゃないですよ・・・、絶妙なさじ加減で良い塩梅に甘味成分が沢山出てきます。
主人公を取り巻く友人達や家族との爽やかな関係性も上手に書かれていると感じました。

ただ甘いだけのラブコメに飽きてしまった方にはお勧めです。

さて珈琲入れて・・・、これから第二章を楽しみたいと思います。

【追記】
レビューを書かせて頂いた時点から後、物語はだいぶ重いお話が多くなります。
読み手を選ぶと思いますので、その積りで読まれることをお勧めします。