月と蜂蜜―飛べない鳥、鬼を討つ―

作者 玖珂李奈

49

18人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

実に骨格のしっかりした、素晴らしい和風ファンタジーです。

文章がとてもよく練られており、ウェブ小説というよりは、紙版の児童文学に近い感じがします。

過不足のない描写で、作者様の頭の中にある世界を見事に表現しており、視覚化が非常に容易なのも、この作品の魅力の一つでしょう。頭の中に映像が浮かびます。

でも真面目なだけではなく、作者様の遊び心もしっかり…!
どんな遊び心かは、是非読んで確かめてみてください。

★★★ Excellent!!!

昔話の『桃太郎』を下地にしつつ、独自の世界観で描かれる異類婚姻譚です。

翼を失った鳥人の小夜ちゃんと、出水家の跡取りである凱。
ふたりは種族も、身分も違うため、互いに想いを内に秘め、決して心を打ち明けることはありません。

そんな彼らが共に鬼退治に行くことになり、物語は大きく動き始めます。

小夜ちゃんと凱。このふたりの距離が本当に絶妙です。
ちょっとした、やり取りの中に、想い合う気持ちがあふれまくっています。
わざと粗野な口をきいて、凱を励まそうとする小夜ちゃんの心遣いに、ぐっと来ます。
そして、凱も、直接的に言わなければよいだろうとばかりに、甘いたとえ話がつるつると(笑)。

メインのふたりだけではなく、鬼退治の仲間の猿人・焔と、犬人・憲などの、周りのキャラクターたちの心情も細やかに描かれ、物語にぐいぐいと惹き込まれていきます。

そして、明かされていく「鬼」とは……?

恋愛あり、冒険ありの、まったく新しい『桃太郎』。
すっかり、この物語のとりこです!


(最初に「異類婚姻譚」と書きましたが、正確には、まだ「婚姻」まで行っていません!
 でも、きっと最後には……! と、期待を込めて……!)

★★★ Excellent!!!

口は悪いが健気な女の子と、どんな時でも甘いイケメンが鬼退治に行く話です。
身分だったり、人種だったり、それらに起因する偏見が大きな壁となって二人の仲を邪魔します。
そして、鬼退治という大きな目的を果たす過程で、二人がお互いを思い、愛しい人を守るために強くなりたいと願う気持ちは本当に尊い。
じれ系の恋愛模様がお好きな人はぜひ。

★★★ Excellent!!!

まだほんの序盤だけれど、先が気になるので、応援のためにレビューを書いてみます。

桃太郎のお話を下敷きに、飛べない鳥の切ない物語が描かれています。まだまだこれからどういう話になるのかは分かりませんが、ここまでは好きな雰囲気。
出来ることならばハッピーエンドを期待します……。

7話まで読んでの感想。このレビューは読み進めていくうちに書き換える予定。