第31話 桃の風

 皆に言葉をかけるにも、まずはあたしの頭の中をどうにかしなければ。再び声を上げ始めた自警団員をなだめているロンに声をかける。


「あの、こんな時にすみません。えっと、鬼は魂を『大切な供物』と言いましたが、海の神は女神も神も魂を食わないって言っていましたよね。それに神は生き物の肉がないですよね」

「え、ああ、はい」


 いかにも面倒くさそうな顔をされた。当然だ。


「神は肉がないですけれど、女神は肉があるは違いますか」

「ああ、ううん……」


 それはたぶん、違うと思う。

 凱はどこでも風を吹かせているけれど、本来神が守るべき範囲は限られている。海の神は、反対側――鬼ヶ島の反対側、という意味か――は自分の海じゃないような口ぶりだったし、空は空で別の神がいるらしい。ということは、神って、物凄く大勢いるのではないか。

 長様の奥様の、お子様八人だって結構大変だなあと思って見ていたのに、生き物の体を持ってそれだけの神を産むのは無理な気がする。


 ええっと、ううん……。


「小夜さん。そもそもなのですが」


 人々に自分たちの目的を説明していた凱は、こちらの話も聞いていたらしく、声をかけてきた。

 少し疲れたような表情をしている。よく見ると目の焦点が合っていない。


「邪気に満ちた鬼が活力の素とするものを、弱った女神が取り込んだら良くないと思うのです」


 その一言で、あたしの頭の中の何かがぴかりと光った。

 そうだ。女神の肉云々は考えたってわからない。これはもっと単純な話だ。

 ヒトから奪った魂は、ヒトの命そのものだ。だからもし女神が魂を食べられたら、一時的に元気になるような気はする。けれども。


「恐ろしい思いをして奪われた魂は、命であると同時に苦しみや恐怖といった気の塊でもあるでしょう。邪気に満ちた鬼にはそれも含めて活力になるでしょうが、もし神を産む女神がそれを取り込み、養分とし」


 そこまで言ったとき、凱の体がぐらりと揺れた。その場でうずくまり、顔を手で覆っている。突然の彼の様子に、今まで彼に向かって声を上げていた人たちが、戸惑うように口をつぐんだ。


「凱、どうしたの」


 背中に触れようと手を伸ばす。するとあたしの掌がきゅっと冷たくなり、凱の背中に吸い込まれるような感覚を覚えた。気にせず触れると、今度は掌が嫌な痺れに襲われ、体の力が抜けていく。


「すみません、触らないで……。この場に、気を、吸われたので、今、触ると、小夜さんの、気を、奪ってしまう」


 周囲から「なんだこいつ」みたいな声があがる。奥の方にいる人たちが、立ち上がって凱を見ている。

 気を吸われるとか奪うとかってなんだろう。確かにここは邪気の塊な鬼ヶ島だし、洞穴の空気は悪い。だけど鬼ヶ島に入ってからは問題なく動けたのに。

 焔が駆け寄ってきて凱の手首を取った。手首の内側に自分の指を添え、首をひねった後、あたしを見る。


「脈が弱ってら。あのな小夜、うろ覚えなんで間違えているかもだけど、気って生き物や場所に吸い取られることがあるんだよ。俺みたいに鈍感だとなんでもねえんだけど……ってことですよね。ねえ凱さん、今、『気を抜いて』いませんでしたか」

「お恥ずかしい。その通りです。邪気には、『気を張って』いたのですが……」


 「気を抜く」って、普段の会話で使うような「ぼーっとする」という意味ではないのだろう。

 顔を上げ、自分なりに周囲の気を感じ取ってみようとしたが、よどんだ空気や臭いくらいしかわからなかった。それでもなんとなく焔の言っていたことは理解する。

 鬼に攫われ、魂を奪われるのを待つ人々が、狭い洞穴に押し込められている。彼らの放つ気に、凱のような人はなんらかの影響を受けてしまうのかもしれない。


 拳を握る。

 立ち上がる。

 大きく息を吸い込み、口を開く。

 こわい、という思いを叩き潰す。


 目の前の女がわめいた。


「出ていきな! こんな弱っちいのが鬼退治できるかい! 神はヒトを食うんだよ! 鬼と一緒さ。神の手下の助けなんかろくなもんじゃ」

「ふざけんじゃねえよ! なんで鬼の言うことを信じて神様を信じられねえんだ! 鬼がそんなに偉いのかよ!」


 自分が思った以上に、叫び声が響き渡る。あたしの声が洞穴の中を震わせた途端、一気にざわめきが引いていった。

 全ての視線があたしに集中しているのがわかる。

 震える脚に力を込め、背筋を伸ばす。


 あたしは強い。あたしは大きい。

 あたしたちが彼らを救い、鬼を退治する。

 あたしは強い。あたしには神がついている。

 あたしには、凱がいる。


「なんだよ、あんたこそ偉そうに! なに神をかばってんだ」

「かばっているつもりはないよ。でもあたしらには神様がついている。あんたたちもいずれわかるよ。ねえ、あんたらの住んでいたところだって、祠とかあったよね。困ったときは神頼みして、いいことあったら感謝するでしょ。そん時あんたらを守ってくれて、いいことをもたらしてくれた神様だよ。単なるめしのためにそこまでしてくれるわけないじゃないか」


 言いながら、自分の過去を思い出し、胸が痛くなる。でも実は、そのことの結論はすでに出ているのだ。

 少し離れた所にいる年配の女が叫んだ。


「神があたいらを守っているなんざ嘘八百だよ! じゃなきゃなんであたいらはここにいるのさ!」

「守る気はあるけど万能じゃねんだよ!」


 海の神に会った時に思った。神様、なんていっても、順序だてて話せなかったり、使いの尻に敷かれたり、あたしたちに鬼退治を託したり、あたしたちを想ってぽろぽろ泣いたりする。

 神なんて、そんなものだ。でも、だからこそきっと、ヒトを食ったりなんかしない。


 あたしは簡単に人を信じない。すり寄る奴には噛みつくし、拳を振るうことだってある。

 だけど今、神を信じ、前を進む。


「凱」


 かがんで彼の背に触れる。嫌な痺れが体に広がり、力が入らなくなる。それでも両手で背中を包むように触れる。


「触れないで……」

「いいから。あたしたちはひとつになれば強くなれる。頑張って。あたしの気をあげるから、魂を」


 魂を。なんて言ったらいいんだろう。うまい言葉が見つからない。腕が重い。体がだるい。それでもいい。凱の魂は、きっとまた気を満たしてくれる。

 凱の背中が震えた。張りのある筋肉の隅々に力が流れる。

 まだだ。もっと気を。もっと力を。


 吐き気がして視界が狭くなる。「気が弱く」なり、魂が縮こまる。

 だめだ。頑張れあたし。頑張れあたしの魂。もう一つのあたしの魂に、力を。

 二つの魂は、ひとつになれば強くなる。あたしの魂も、凱の魂も、こんなもんじゃない。

 だから、だから、あたしたちの魂。今だ。今こそ。


 立ち上がれ。


 突如、暗くなりかかっていた視界が、真っ白な光に満ちる。

 体の奥の何かが膨れ上がり、光が破裂する。

 背中の傷痕がうずき、肌の下で何かがうごめく。

 凱の体から跳ね返るような空気が湧きあがる。

 凱の体とあたしの手が白く発光する。


 あたしたちから風が吹きあがる。

 人々がどよめいているのが遠くで聞こえる。

 風が洞穴の中を駆け巡る。あたたかく澄んだ風が、よどんだ空気を押し流す。充満していた臭いが洞穴の外へと吐き出される。


 暗い洞穴に澄んだ風が満ちる。

 甘くふくよかな桃の香りが舞い降りる。


「ぴかぴか、きゃきゃ」


 静流が抱えている子供のものらしき笑い声が聞こえた。


「何、あの人たち。光っていない?」

「え、別に光っていないけど」

「光っているじゃない。だよね……え、なんで皆わかんないの?光っているじゃないほらあ」

「何、なんか匂う」


 皆が口々に発する声を聞きながら、あたしは凱の背中をぽんと叩いた。

 彼がゆっくりと立ち上がる。見えないけれど光っている、そんな何とも表現しがたい光をまとった彼は、はにかんであたしに頭を下げた。


「すみません。助けていただき、ありがとうございます。小夜さんのおかげんはいかがですか」


 そう言われて気づく。あたし、さっきよりも元気が満ちている。

 下を向いて自分を見る。あたしもまた、見えない光を纏っていた。

 そうだ。あたしたちは、ひとつになると強くなれるんだ。


「なんともない。凱が元気になってよか」


 よかったよ、と言って、かわいく作ろうと思っていたあたしの笑顔は、近くにうずくまっていた犬人の女性の悲鳴で切り裂かれた。

 その悲鳴と同時に、犬人の自警団員が叫ぶ。


「鬼が来る!」


 うずくまった人々が波打ち、自警団員たちが身構える。ロンが刀を手に取った。


「出水さん。今度は彼らの番です」

「お願いします。では私が鬼の気を逸らします」


 事前の決め事どおり自警団員九人が後ろに下がり、ロン、犬人の自警団員二人、そして凱が前に出た。


「あたしもいたほうが時間稼げるかな」


 凱の返事を聞く前に前に出る。彼は唇を噛んだ後、頷いた。


「お願いします」


 その言葉に微笑みを返す。

 洞穴の通路から低い足音が聞こえてくる。

 刀を抜き、凱と並んで身構える。

 不敵な笑み、って、こんな感じか、と考えながら口角を吊り上げる。

 圧迫するような空気と共に鬼が姿を現す。


「これは、神のにおいだな」

「ひさしぶりに嗅いだ」

「臭い風を吹かすは、風の神のいのちか」

「わしらの使いをあやめたは、風の神のいのちか」


 鬼が五頭。全員手に大刀を持っている。この狭い空間で、この距離で先にかかってこられたら、あたしはまず助からない。

 凱が半歩前に出た。刀を手に、声を上げる。


「いかにも」


 凛とした、よく通る声。殺気のようなものは見せず、ただ、存在の大きさだけが膨れ上がる。

 鬼のうちの一頭が口角を歪めた。


「自らのいのちを、知っているとは」

「神の気が強い。使いもいるのか」

「あれだな」


 鬼と目が合ったので、あたしも半歩前に出る。

 声が震えないように喉に力を入れる。


「よくわかったなあ! あたしが風の神の使いだよ。ある神様の命を請けて、お前らを退治しにきたぜ!」


 言いながらしまったと思う。今のあたしの煽りを受けて、鬼がかかってきたらまずい。

 背後の気配を窺う。まだだ、もっと引き伸ばさないと。


「昔、よくもあたしを食おうとしてくれたな。あん時は魂も体も食うところがないほど、すかすかだったのにさ!」


 考えなしに口を開いたら、物凄くどうでもいいことを言ってしまった。鬼どもは一瞬ぽかんとした後、一頭が、ぐふっと笑った。


「そんなもの知らぬ。ヒトの肉なぞ食わぬ。お前のいのちもいらぬ。お前らを斬り捨て、わしの使いの仇を討つ」


 鬼どもが大刀を構える。心の臓が縮み上がった時、凱の声が響いた。


「鬼となり果てた身でも、使いの仇を討とうとするとは恐れ入る。だが私の大切な使いには触れさせぬ。私の使いを想う心は、肉を持たぬ全ての神々よりも深く強いのだ」


 この場でもそういう言葉を挟んでくるか凱。

 彼はちらりとロンを見た。ロンが後ろを見て首を傾ける。それを受けて凱は言葉を続けた。


「そして恐怖の気に満ちたヒトの魂を、女神に取り込ませぬ。供物などていのいいことを言っているが、真の目的なぞ、とっくに見通している」


 凱の言葉に一瞬でも驚いてしまったあたしは愚かだ。これは凱のはったりだ。

 女神の話がでてきたからか、鬼がにやりと笑って首を掻いた。大刀の構えが乱れている。


「供物は、供物だ。新月の力をもってしても、未だ女神のもとには届いておらぬ。だがいつかは届くであろう。選りすぐりの、美味うまいいのちだからな」


 鬼どもが一斉に笑う。

 ぐふっ、という息の抜けた笑い声が、肌の下を這いまわる。

 拳を握る。魂を食う詳しい仕組みだとか供物の明確な理由はわからないが、鬼の笑い声と、歪んだ口元だけで充分だ。

 女神に、魂を届けてはいけない。


 ロンが僅かに頷いた。それを受けて凱も頷く。あたしは刀を構えるふりをして少しだけ後ずさりした。


「魂は取らせぬ。そしてもう二度と、魂は取れぬ!」


 その言葉を合図に、思いきり脚に力を込めて壁側に移動した。凱やロンたちも壁にはりつく。

 背後にいた自警団員たち三人が前に躍り出る。

 凱が声を張り上げた。


「耳を塞げ!」


 同時にロンが右手を振り上げる。


撃てファイア!」


 その掛け声の直後、自警団員たちの構えた鉄砲から轟音が鳴り響いた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る