自我(エゴ)の戦い

作者 風祭恵一

67

25人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★ Very Good!!

戦闘シーンにかなり力が入っています!
バトルシーンが好きな方は読んで損はないと思います。
主人公もまだ若くこれから成長を予感させてくれています。

ただ、物語の展開が早く、日常的な会話や情景は少ないです。
ゆっくりと物語を読みたい方には合わないかもしれません。
また、小説としての基本的な文章頭の余白や!、?の後に余白を入れるなどの記載が不十分です。
文体を気にされる方は読みづらいかもしれません。

ですが、物語自体は面白くスピーディーです。
戦闘描写が好きにな方にはお勧めです。

★★ Very Good!!

自我(エゴ)、それが生み出す能力。
主人公の持つ能力、個人的に物凄く欲しいです。自分もあんな風に翼が出せればどこに行くのも簡単なのになぁ……。

やはり男としてなのかなんなのか、異能力、取り分け力と力のぶつかり合いというものにはとても興奮を覚えます。これからの主人公の成長に目を離せません。

#RTした人の小説を読みに行く、より翠恋暁でした。

★★★ Excellent!!!

トーナメントの2回戦まで読ませていただきました!
いわゆるチート無双系ではなく、毎回手に汗握るような白熱した戦闘が読んでいて楽しいです。
その戦闘の場面も大変描写が丁寧で、動作のひとつひとつが想像できます。
尚樹はカードを使ってイカツい武器なりを大量に出せるのに、ただ小石を投げてくるだけの男に負けそうになっている時は、お前それくらい蹴散らせるだろ!と思ってしまいました。笑
あと流れ的には2回連続尚樹の戦闘でなく、翔夢くんの戦闘も見たかったです。
面白かったです!

★★★ Excellent!!!

異能同士がぶつかり合う大会から物語はスタートしています。

カードを用いて出場者と対峙していく主人公のエゴの多様さに目を見張ります。

どんな異能力かこと細かく説明されていてすばやく分かるように描写されていました。

読ませていただきありがとうございますm(__)m